ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: ミニ日記  

車検が通ったら、ミニの調子は万全??





ミニは、
カスタマイズ・ドレスアップがしやすく、
また広く多くの人が何らかの”改造”をしている車ですが、

一般的には、改造した車は車検に通らないもの。

ミニの場合も、何をしても、OKというわけではなく、
販売しているパーツでも、車検に通らないものもあります。



普通に車を持っていても、
車検は自分であまり行かないものなので、
今日は車検ってなにをしているのかをご紹介。



車検場に車を持っていくパターンでお話します。



まずは、


検査官の目視で
車体番号と車検証の番号の照合をします。
ボンネットを開けてね。


それと、

灯火類・ワイパーの検査ライトは点灯するか、ウインカーは作動するか、バックランプ
ハザードなど、検査官の指示によって操作して確認してもらいます。
あと、検査官の人が木刀みたいなもの持ってて、
ホイールとかもコンコン叩かれます。


まず、ここまでで、落ちることはないでしょう。


ここからはラインといって、機械による検査をします。


運転席に乗りながら
建物の中の検査ラインをゆーっくり走行していきます。


まずは、
フロントブレーキ、リアブレーキなどがちゃんと効くかチェックします。


といっても、教習所とかみたいに広いコースを
テスト走行するのは大変なので、
シャーシダイナモっていう、
大きな回転するロールの上に、タイヤを乗せて
ブレーキを踏んだりするんですね。

クルマは動かず、タイヤだけ動いてるのです。


あとはスピードメーターの検査

これも、大きなローラーの上で、
手にボタンを持って、アクセルを吹かしていき、
メーターの針が指定の数字に上がったところで(40kmくらいだったかな)
ボタンを押すんです。

それで、シャーシダイナモと連携しているメーターを見て、
検査官が判断します。


クルマのメーターを見ないってことは、
メーターの誤差を知っているひとなら、
操作できてしまいますけどね=3



検査官は1ラインにつき1人か2人くらいいますが、
基本的には、合格かどうか等、
終わったので次に行って下さい等、
全部機械に自動表示されて、自分で運転しながら動いていきます。

たまにクルマから降りて、機械に記録紙を入れて
印字したり、機械のボタンを押したりもします。




それから、排ガスのテスト。
測定器をマフラーに入れてチェックします。
これは、エンジンをかけたまま
自分で降りて、測定器を入れます。




あとは、またライト

はじめに目視で点灯は確認済みですが、
上向き・下向きと機械に当ててチェックします。
光の軸とか明るさを見てるのですね。

これは結構、アウトになりやすい部分で、

クルマの向きとかによって
機械にうまく測定されなかったり、
(ちゃんと機械にまっすぐ車体を置かないと不合格に)
実際のライトの明るさがダメだったりします。



最後に、下回りを見ます。

クルマの下にピット(空洞)があって、その上に停車して、
ハンドルを右に左にクイクイ動かして、
ボルトとかナットとかを下から見てもらいます。






一般的に、車検が通れば
クルマの状態は良好だと思われる方もいますが、
タイトルのようにイコールではなく。


車検って、かなり形式的なもので、
便宜上は、安全に走行できるための確認というわけですが、
内容を見てみると、結構簡素な検査ですよね。
(1台1台もっと細かく見てたら、終わらないですけど)



だから、特にミニの場合なんて、
車検が通ったって、走行中に止まったりしないとは保証できないし、
オーバーホールが必要かどうかも、車検ではなにも見てくれません。



あくまで、車検は車検で、
点検は半年に1度是非お願いします★





p1011037_20120924173450.jpg


たまに車検証入れの中を整理すると
結構いらない紙が多いことに気づきます。


ミニマルヤマでも車検の際に、
何年も前の領収書がたくさん入っている方が
多いのですが、たぶん取っておいてもあまり意味が無いので、
車検の機会に古いものは捨てちゃいましょう~


関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry社長の出身がSHOPの方向性を左右する

Older Entry南の島×ミニ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >