ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: ミニ日記  

限定という言葉に弱いのは日本人だけじゃない。




限定モデルというのは、正直な話、
新車が出るまでの間、現行生産車を販売し続けるための戦略ですが、

ミニの場合は、カルトの対象物つまりコレクションアイテムとしても愛されてきました。

限定車の数はおおよそ40種類に及びます。

ヨーロッパで出た多様な
ボディバリエーションを含めると、もっと数は多くなります。

最初の派生モデルが登場したのは、1976年のストライピーLE

1000をベースに作られた車で、カラーは
ブルックランズグリーンとホワイトの2色。

限定で3000台が生産され、あっという間に売り切れました。


1981年からは、ボディカラーが一気に増えます。

レッド・ホット、ジェット・ブラック、
ブリティッシュ・レーシング・グリーン、
フレーム・レッド、チェックメイト。

映画にヒントを得たり、
スポーツからインスピレーションを受けたり、

外国のトレンディな地名を使った、リオ/タヒチ。

イギリスの街やブランドイメージの高いホテルの名前を使った
チェルシー、リッツ、ピカデリー、パークレーン。

レースでのミニの活躍をベースにした、ミニ・レーシング、
クーパー・モンテカルロ。

モードやスタイル系に特化した、マリークワント、ポールスミス。


img236.jpg

トラサルディがリアに鞄を装着したモデル。
ダッシュボードはウォールナット。



上に書いたいくつかの限定車は、
個別に記事に載せてきましたが、
まだ書いていないものも、
これから写真と共に書いていこうと思います★



関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry90%完成

Older Entry屋根の上も有効活用★

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >