ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: ミニ日記  

どこでもドアも捨てがたい




今日は、ものすごーく、くだらないお話ですが、
いつも考えていることを書きます。



”ドラえもんの道具で、何がほしいか”という話は
個人的には、よく考えたり、話にのぼったりしますが、
仕事や会社という面からみて、現実的にどうかというと。


もしも、スモールライトがあったらどんなに最高だろう~って
最近よく思います。


※ スモールライトは、ライトでモノを小さくしたり、もとの大きさに戻したり
  自由自在にできる、ドラえもんの道具のひとつです。


車を扱う仕事というのは、
販売にしても、製造にしても、整備にしても、
も~~とにかく場所の確保に苦労します。


形あるものを扱う仕事はすべて、倉庫なり、ショールームなり、”場所”が必要ですが、
とりわけ、車は大きいですしね。
折りたたんだり、圧縮したり、重ねたりもできない。


レッカーにせよ、納車にせよ、自走しても、しないで積載車に乗せても、
外部の会社に委託したとしても、
結局、誰か一人は運転手が必要になります。

無人のオートドライブみたいのが可能になれば
この問題は解決されますが。



もしも、スモールライトがあったら・・・

・ショールームには、ミニカーサイズで車両を展示して
 見たいときだけもとの大きさにすれば、今より多くの車両を展示できたり

・豆つぶくらいに小さくして引き出しにしまえるので、
 「今、工場が車でいっぱいで・・」なんてこともなくなるし
 敷地自体、整備する車両の場所だけでよくなります。

・遠くのお客様にも、車を小さくして、封筒に入れて郵送すれば、
 気軽にミニの納車も可能だし

・今は、遠くて整備には来れないというお客様も
 小さくした車を郵便で送り合えば、距離なんて関係なくなったり

・地代がかからなくなるので、ほかの部分に投資することもできたり



仮に技術として実現されても、その他の面で
いろいろな問題が生じますが。

ほんとにあったら、いいこと尽くめだぁ・・・

みなさんのお仕事でも、出来ることならドラえもんから貰いたい道具
ってあるんじゃないでしょうかね。



なんて、現実逃避しつつ、どうしたら、もっとスムーズに
作業が進んで、お待たせしないでできるか、と
思考するんですが、なかなかうまくはいかないものです。








未来の空想の話とは正反対に、
懐かしいものを発見しました。

時代と共に、いらなくなってきたもののひとつ。


最近は、小学生でも携帯電話を持っているので、
若い方は、このカードを見ても
まさか電話をかけるものだとは知らないかもしれないですね。


img137.jpg

たしか公衆電話の通話だけでなく、
固定電話の通話料をテレホンカードで払うこともできましたよね。



一応、ミニマルヤマでも販売しています。

ミニテレホンカード

いつも必要ではないと思いますが、
携帯電話を落としたり、壊したりしたときなど
万が一の時には、あると役立つかもしれません。
(10円玉があればテレホンカードはいりませんけど)

私もお財布に一応1枚入っています。



関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry17年目の再会

Older Entry父親vs息子

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >