ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: 未分類  

明日も来年も気持ちは変わりませんか












クラシックカーのレストアは、車種によっては、

パーツを見つけるために、

各地の、ショップやイベントへ旅をして、

1つ見つけるのに、何年もかかったり、

何年も、探して、無いものは、パーツから自分で作ったり、

することもあるそうです。


イギリスでは、結構こういう方がいらっしゃって、

うちの社長も、

1台の車に、完成までに何年もかかるのは、

稀なことではない様子。




ミニだって、板金・塗装は、天気との兼ね合いや、

工程の多さ(1回塗っておしまいではない)など、

車を直すのに、時間がかかることはあります。




だらだら作業していて、長い時間かかるのは

いいことじゃないけど、

物理的にかかるものは仕方がないとしても、

何か月も、あるいは何年も(!)かけて

車を直している方はすごいと思います。




皆さん当たり前かもしれませんが、

私なら欲しいものは、すぐほしいです。





でも、たとえば、

「10年後に購入可能ですよ」

と言われたとして、

10年後も欲しいかどうか、自信がありません。



多少の年月をかけてでも、
欲しいと思う情熱がすごいです。


きっとそのあたりが、マニアと

そうでない人の境目なのかもしれません。





イベントでの個性豊かな

車写真たち



CIMG8371.jpg



CIMG8373.jpg



CIMG8374.jpg



CIMG8375.jpg



CIMG8372.jpg



CIMG8370.jpg







関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryタイトルに偽りあり

Older Entry年末ジャンボが当たっても足りない

 

Comments
Edit愉しいですね。
初めまして、時折り拝見し楽しませて頂いています。
いすゞヒルマン(冒頭画像の車)は当地のディーラーにも
新車時のナンバーを付けたままの物が飾られています。

MINIと同じ英国産のモーガンは、発注から納車まで数年
掛かるのだとか。
オーナーはその間に奥さんを説得してガレージを建てて
その日を待つのだそうです(笑)。

長く眠っていた小さな原付を路上復帰させるだけでも
四苦八苦する自分から見ると、四輪のレストアは神の領域。
その熱意とスキルには敬意を抱きますね。
EditRe: 愉しいですね。
こんのすけ さん

はじめまして!
コメントくださいまして
ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

ヒルマンなど、クラシックな車でも
国産のものは、なかなかミニマルヤマにいても
目にする機会がありませんので、
このようなイベントは、お土産の写真だけ見ていても
楽しいです。

モーガンはミニマルヤマでも修理はすることがありますが、
納車はしていませんので、初耳です。
そんなに時間がかかるのですね。

購入するのに、
奥様やお父様や家族の説得が必要という話は、
ミニでも時折あります。

熱意とスキルと、
家族がいる場合は、場所も取るし、時間もかかるので、
周りの人の理解も必要かもしれませんね。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >