ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: ミニ日記  

軽さと強度のシーソーゲーム





ミニの初期のころは、

車内の広さを、少しでも、確保するために

ドアの中身を空っぽにすることが大事でした。


ドアの中身とは?





例えば、後期のミニであれば、ウインドウは

開けた時、当然、ドアの中に引き込まれて収納されます。

※ 現在の車のパワーウインドウも同じ



でも、それをしないために、左右に動かすだけのスライドウインドウにした。

これで、ドアはガラスを収納することが無いので、

薄く軽く、作ることができます。

※ 窓が全開にならないのが欠点・・





ドアの内ノブも、

IMG_2702.jpg



ワイヤー操作!!

私も初めてこれを見たときは

衝撃的でした。



そして、とっても大きなドアポケット

室内を広くしたいというくせに、大きなポケットを作るとは・・・・

矛盾していそうですが、



このポケットがないと、ドアの強度が保てなかった

という理由もあるそうです。





そして、

ドアをボディとつなぎ、支えているヒンジも、

外側に配置しました。


IMG_2698.jpg






だけど、このヒンジも

スライドウインドウから

全開するウインドウへ変更したとき、

ドアの重さが重くなり、

アウターヒンジでは強度が保てなくなったので、

インナードアヒンジへと変更されました。




ピックアップとVANは生産終了のときまで、
アウタードアヒンジでした。





今では、アクセサリーパーツとして、

名残を残しています。







minimaruyama_b5520.jpg


ダミードアヒンジ プラスチック



その名の通り、ダミーですので、

ドアを支える役目はないですが、

ドアにくっつけて、塗装すれば、

懐かしの雰囲気が漂うのです。






機能性から消滅した部品が、

時を経て、機能は無いものの、こうして復活しているなんて、

機能だけではない、魅力が

形状に表れていたのかもしれません。






------------------------------------------------
ミニマルヤマはゴールデンウィーク期間
下記の通りお休みをいただきます。
5月3日(水)~5月5日(金)
------------------------------------------------



関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry窓の異常にどうぞ。

Older Entryディティールで違いを演出

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >