ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Category: ミニ日記  

ずーっと前のミニの話





今日のお話は、

ローバーミニの業界の整備の話です。


あくまで、うちの社長の昔話です。


例外や、実際そうじゃないこともあったかもしれませんが、

「ふ~ん」と思って頂く程度にお読みください。



ローバーミニは

むかしむかしは

日本語の修理のマニュアルがなかったそうで。




信じられないけど、

伝統芸能やすし職人のような感じで、

仮にマニュアルがあったとしても

そんなもの見てるなんて半人前で

すべては経験則や勘によるものだったんだそう。




工芸品やお寿司などは、風合いや、微妙なサジ加減など、

数値では測れないものは経験が必要なのは分かります。




安全性と効率面などを考えれば、

自動車は機械なので、ミリ単位の数値やコンピューターの調整など、

マニュアル化することはできそうだし、したほうが良いように思います。





当時は今ほど、速度が出る車がなかったから

最悪の事態になったら、運転手は自動車から飛び降りればいい

くらいに思われていた。

なんて話も耳にします。


それはいくらなんでも、いいかげんな話で
私は信じがたいところですが。





ちょっとボルトを締めすぎたり、

万が一、修理に間違いがあっても、

自動車の整備=人の命にかかわる

という認識が今よりは低かったのかもしれません。



現代なんて、数字の上の、燃費の偽装ひとつでも大問題ですよね。





それで当時、ミニマルヤマでも修理工場向けに
マニュアルを制作して販売したこともありました。

※ 現在は完売しております。











ミニに関する

むかしのエピソードでした。





minimaruyama_b4266.jpg


Haynes Mini Performance manual




minimaruyama_b4954.jpg


MINI Workshop Manual



minimaruyama_b4954_1.jpg



どちらも英語版です。



関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry昔はよくても今は違法

Older Entryタイトルに偽りあり

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >