ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Sort by 09 2012

Category: 中古車情報・新製品etc.  

真っ白ミニ




RIMG0057_20120928164948.jpg

新しいミニが完成間近です☆

白は白でも色々あります。


こちらは、
オールドイングリッシュホワイトではなく、
本当の真っ白の
ホワイトダイアモンドです。




まだ、ワイパーもミラーもついていないので、
前のボディがツルっとしていますが、
週明けまでには完成しそうです。


内装や、その他の詳細は、また月曜日に掲載します~


HPにはまだ掲載が先ですが、
もうショールームに置いてありますので、
是非ご覧下さいませ~




スポンサーサイト
Category: 未分類  

今も愛される生沢徹さん






今日は全くミニとは関係ないお話です。




いまだファンの多い
F1レーサー
生沢 徹さんをご存知ですか??




11_120.jpg

ミニマルヤマでなぜか扱っている
生沢徹さんに関連するステッカー


15.jpg


お求めになる方が非常~~に多く。
根強い人気を物語っています。

00014.jpg


みなさま、店頭でご購入される方などは、
ほんとになつかしいなぁ~
なんておっしゃりながら、
生沢さんのことを語られる方もいます。



ht59.jpg


ふらっと立ち読みしたこの雑誌に
インタビューが掲載されていましたので、
生沢ファンの方は必見かと★

※ミニマルヤマにはこの雑誌はおいていません。


生沢さんをご存じない方は、
調べてみてください~

現役を引退された今でも、素敵です。

日本人のレーサーでは有名人ですよ~



Category: ミニ日記  

ミラークル★





ミラーという言葉は、
”驚き”を意味するラテン語から派生した
という説もあるそうです。

ミラクルと同じようなことかな。


今日は、いろんなフェンダーミラーをご紹介。



・Lucasミラー

p1014085.jpg


「ミニのミラーといえば??」
「Lucas!」

と言ってもいいかもしれないほどの、
ミニのドレスアップとしては定番のミラーです。

60年代ミニの純正オプションでもあったのですが、
現在は廃盤状態。

でも、Luasの刻印は入れることは出来ませんが、
レプリカが数多く作られています。

刻印入りの本物を探している方も多いです。

p10149417_20120918165430.jpg


似てるけど、ツヤ感が違っていたり、
値段も違ったり、車検対応かどうかなど、
細かく違いはあるものの、
ルーカスといえば、こんな感じのミラーです。




・TEXミラー


英国のメーカーでミニに合うミラーを多数リリースしていたTEX。
ここにあげているほとんどのメーカーが、もう会社はないですが、
TEXは現存しています。

ミラー本体とステーが自由に選べます。

p0414-photo1.jpg


70年代まで、多くの車につけられていたような
ポピュラーで、視認性が高いデザインです。

  





・レイヨットミラー

BL時代に入った70年代前半に登場した英国のメーカーです。
こちらもメーカーはもうありませんが、
レプリカがたくさん作られています。



_O1V9090.jpg


こちらは、日本製レプリカ。
フェンダーだけでなく、ドアミラーにも使えますし、
メッキが厚く、耐久性にも優れています。

同デザインで表面仕上げのちがうものもアリ★



・ウォルプレスミラー

ウォルプレスも英国のメーカー。
こちらもやっぱりメーカーはもうないです。

1960年代のレーシングカーの多くが装着したミラーで、
60年代初頭から生産されています。



p0412-photo1.jpg




・ペレGミラー

いすづペレットGTのミラーを応用したもので、
レーシーな雰囲気です。

_O1V9096.jpg


ミニ以外のクルマのミラーを応用したものはほかにもあります。



こちらは、ホンダS800のミラーを応用したもの。

_O1V9094.jpg







フェンダーミラー中心に見てみましたが、
新車が生産されていないクルマのわりに、
結構いろいろありますよね~。




でもでも、
デビューしたばかりのミニには
ルームミラー以外、後方を見るためのミラーはなかったのをご存知ですか??

「えーそうだっけ?」という方は、
古いカタログを見てみてください★



VANやピックアップやエステートモデルには
フェンダーミラーが標準装備されていたのですが、

スタンダードなミニには、オプションとしては用意されていたけど、
要するになくてもいいものだったんですね。


もちろん、
現在の日本の交通事情では許されない話なのですけどもね。



ちなみにどれも現在販売中のものですので、
写真をクリックしていただけますと、詳細が見れますし、
ショールームにも現物を展示しています~



Category: 未分類  

社長の出身がSHOPの方向性を左右する






ミニマルヤマに限らず、ミニSHOPのオーナー・社長の
前職は圧倒的にメカニックが多いです。



そして、開業した後も、メカニックとして働くというケースが多いので、
あまり、社長室にいて、のんびりしている社長というのは少ない気がします。


しかしながら、メカニックのスタートとして”ミニから入った”という人はそこまで多くないようです。


国産車系のディラー、街の修理工場からの出身で、
その修行時代に、個人的にミニを所有していて、
趣味から本業へとミニを扱うようになったという方が多いです。


そのほかには、2輪車やレース部門、タイヤ関係の世界から
ミニの世界に入ったという方も多いです。


次いで多いのは、自動車販売系

某ディーラーの営業、外車のブローカー出身など。




SHOPの雰囲気というのは、
ある程度、その会社の方針として
作為的に作られているものではありますが、

はじめる以前の仕事によって左右される面もあるようです。


メカニック出身の職人肌の社長の場合は、
パーフェクトな技術を模索しつづけたり、


販売系の社長の場合は、整備はメカニックに任せ、
新しいアイテムやパーツ・グッズの開発に積極的だったり。


とはいえ、
基本の部分で共通しているのはたぶん
”ミニが好きだから”ということ。


私も、ミニのことも車のことも詳しくないのですが、
ミニは好きです!




一言にお店の雰囲気と言っても難しいですね。

外観や、営業方針はまだしも、
特に、従業員である人間がかもし出す部分は
作ろうとして作れるものでもないですし、


常に、今以上を求めていかなくてはいけないけど、
なんでもかんでも変化していくことが良いこととも限らないし。



ミニマルヤマでも模索しつつ、
いろいろ新しいことを進めています。
(スピードが遅いんですが)


新しいミニのプロジェクト、
新商品を絶やさないこと、
店頭へ足を運べない遠方の方へのWEBサービス、
ミニ以外のクラシックカーのこと、
まだミニを知らない人にも、新しくミニを知ってもらうための試み・・・・・



まだお話できる段階にない部分も多いですが、
随時、なにか進展がありましたら、このブログで
お伝えしていきたいと思います。


今日も新しい試みに向けて、
半日、社長が取材を受けていました。





p10150833.jpg

最近入荷したドリンクホルダー
「これ便利だ~」と社長のお気に入りです。

ミニ専用というわけでもないので、
車内で食べたり飲んだりする方は
便利かと思います★


Category: ミニ日記  

車検が通ったら、ミニの調子は万全??





ミニは、
カスタマイズ・ドレスアップがしやすく、
また広く多くの人が何らかの”改造”をしている車ですが、

一般的には、改造した車は車検に通らないもの。

ミニの場合も、何をしても、OKというわけではなく、
販売しているパーツでも、車検に通らないものもあります。



普通に車を持っていても、
車検は自分であまり行かないものなので、
今日は車検ってなにをしているのかをご紹介。



車検場に車を持っていくパターンでお話します。



まずは、


検査官の目視で
車体番号と車検証の番号の照合をします。
ボンネットを開けてね。


それと、

灯火類・ワイパーの検査ライトは点灯するか、ウインカーは作動するか、バックランプ
ハザードなど、検査官の指示によって操作して確認してもらいます。
あと、検査官の人が木刀みたいなもの持ってて、
ホイールとかもコンコン叩かれます。


まず、ここまでで、落ちることはないでしょう。


ここからはラインといって、機械による検査をします。


運転席に乗りながら
建物の中の検査ラインをゆーっくり走行していきます。


まずは、
フロントブレーキ、リアブレーキなどがちゃんと効くかチェックします。


といっても、教習所とかみたいに広いコースを
テスト走行するのは大変なので、
シャーシダイナモっていう、
大きな回転するロールの上に、タイヤを乗せて
ブレーキを踏んだりするんですね。

クルマは動かず、タイヤだけ動いてるのです。


あとはスピードメーターの検査

これも、大きなローラーの上で、
手にボタンを持って、アクセルを吹かしていき、
メーターの針が指定の数字に上がったところで(40kmくらいだったかな)
ボタンを押すんです。

それで、シャーシダイナモと連携しているメーターを見て、
検査官が判断します。


クルマのメーターを見ないってことは、
メーターの誤差を知っているひとなら、
操作できてしまいますけどね=3



検査官は1ラインにつき1人か2人くらいいますが、
基本的には、合格かどうか等、
終わったので次に行って下さい等、
全部機械に自動表示されて、自分で運転しながら動いていきます。

たまにクルマから降りて、機械に記録紙を入れて
印字したり、機械のボタンを押したりもします。




それから、排ガスのテスト。
測定器をマフラーに入れてチェックします。
これは、エンジンをかけたまま
自分で降りて、測定器を入れます。




あとは、またライト

はじめに目視で点灯は確認済みですが、
上向き・下向きと機械に当ててチェックします。
光の軸とか明るさを見てるのですね。

これは結構、アウトになりやすい部分で、

クルマの向きとかによって
機械にうまく測定されなかったり、
(ちゃんと機械にまっすぐ車体を置かないと不合格に)
実際のライトの明るさがダメだったりします。



最後に、下回りを見ます。

クルマの下にピット(空洞)があって、その上に停車して、
ハンドルを右に左にクイクイ動かして、
ボルトとかナットとかを下から見てもらいます。






一般的に、車検が通れば
クルマの状態は良好だと思われる方もいますが、
タイトルのようにイコールではなく。


車検って、かなり形式的なもので、
便宜上は、安全に走行できるための確認というわけですが、
内容を見てみると、結構簡素な検査ですよね。
(1台1台もっと細かく見てたら、終わらないですけど)



だから、特にミニの場合なんて、
車検が通ったって、走行中に止まったりしないとは保証できないし、
オーバーホールが必要かどうかも、車検ではなにも見てくれません。



あくまで、車検は車検で、
点検は半年に1度是非お願いします★





p1011037_20120924173450.jpg


たまに車検証入れの中を整理すると
結構いらない紙が多いことに気づきます。


ミニマルヤマでも車検の際に、
何年も前の領収書がたくさん入っている方が
多いのですが、たぶん取っておいてもあまり意味が無いので、
車検の機会に古いものは捨てちゃいましょう~



Category: ミニ日記  

南の島×ミニ




この限定車はご存知ですか~?



img259.jpg




MINI Tahit

img256.jpg



93年に発売されました。



ベースはSprite1.3キャブ車。


img257.jpg


特徴はご覧の通り、
タヒチブルーの
派手目なカラーリングでしょうか。



img255.jpg


内装もなかなか独創的です★




Category: 中古車情報・新製品etc.  

もしお好みであれば・・・





中古のトランクボードを私のミニに
置いてみました。


p10150824.jpg

なんか、良い感じに、ボディもグレーだし、
マッチしてますかね♪




ROVERから当時販売されていたものなので、
スペアタイヤの上に置くとピッタリのサイズになっています。

ミニマルヤマでは、デットストックで
ラスト1点あります。
(あ、私が使用しているのを売るということじゃないのでご安心を)


p10150823.jpg

http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B5967.html


小さなポケット(右手前の窪みの部分)もありますし、
グレー1色で、色味がないので、至極地味ですが、
細かいものを置きやすいです。


マットだけだと、奥の縁のところとか、
下のスペアタイヤの隙間とかに小物が
転がってしまったりすることがあるんですが、
(転がるような入れ方・運転にも問題はあり。。)


このボードは縁があるので、
たとえば、買い物に行って、ビニール袋を入れて、
走っている間に、倒れて、りんごがコロコロ・・・
袋から飛び出したとしても、ちゃんとトレイの中に納まっていてくれます★






ミニの性能を左右しない
インテリアやエクステリアに関する事全般に
言えるのですが、

正直、最終的にはお客様の好みですよね。



もちろん、
使いやすいですよ~
見栄えがいいですよ~
よく売れていて人気ですよ~
なんてことは店員としてアドバイスもできるのですが、

このほうがいいですよ!!!

というものでもないんですよね。
あたりまえだけど。



整備に関しては、もう少し結論ははっきりしているので、
経験上・性能上どうするほうが好ましいか
推奨することもできるのですが。



病院で「この薬を飲んでください。」と処方できても、
服やさんで、「この服を着てください」と店員さんは断言しない
ような感じでしょうか。



もう生産していないものなので、
興味がある方は、ショールームにも展示していますので、
是非見にいらしてください~



Category: ミニ日記  

むかしむかし、まだミニSHOPがなかった頃





当時、今の社長が
ミニマルヤマを立ち上げようとした頃、
日本全国を探しても、ディーラー以外の
ミニショップなんてものは無いような状態で、


数も少なかったマニアは、ミニのステッカーでさえ、
発見するのも難しく、今みたいに豊富なパーツも無かったんだそう。


そういうわけで、チューニングどころではなく、
まずは3種の神器”ステアリング”、”マフラー”、”ホイール”。

あとは、ドレスアップなどという言葉もないほどに、
メインはあくまでメンテナンスという時代。


しかも、当時ミニを乗っているようなお客様は、
かなりのマニアだったので、
ファッション性よりも、まずとにかく完璧な状態で走ること、
整備に関して相当シビアだったようです。


今でこそ、車が入庫したら、見積もりを出して、
それから、どうします?何しましょう?という流れですが、

当初は、車が入庫したら、メカニックは完璧に整備する。
お客様は、黙ってお金を払う。
というような無言の信頼関係だったようです。


それがいいか悪いかというのは別として。


時代と共に、SHOPもお客様も
変わっていきます。


RIMG0028_20120919171221.jpg

久しぶりにショールームの写真をUPします★


クルマがだいぶ増えました!


RIMG0029_20120919171221.jpg


新しいグッズも少しずつ入荷しています。


RIMG0027_20120919171220.jpg


2階にはオースチンセブンも展示しています。

RIMG0030_20120919171220.jpg


2階の奥には、まだ商品として整備されていないミニがあります。


もちろん、こちらは、お売りしていませんが、
整備後のミニと見比べてもらえると、
無駄にお金がかかっているわけではないのが
お分かりいただけると思います♪





先日、

80歳のミニ乗りの方が
ご高齢ということもあってご自身のミニを
息子さんに譲られるというお電話を頂きました。

古いものを捨てて、新しい技術のものに切り替えていくのもエコだけど、
古いものを使い続けていくのもエコですよね。

そしてなにより
お父さんが大事にしたものを、
息子さんもまた大事にしていくのって素敵ですね。





Category: 中古車情報・新製品etc.  

ほしいものは見つかっていますか?




ACE CAFE LONDONのステッカーは
ミニ乗りならずとも、
クルマに貼ってあるのを見ます。


ミニマルヤマでも少し、ACE CAFE LONDONのものは
扱っていますが、
たくさんお問い合わせいただくのが、
丸いステッカー。



このたび入荷いたしました★


p10150803.jpg


大きいサイズ
22cmなので、結構大きいです。
レーシングカーに張っても見劣りしないほどのサイズ感。

http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B5947.html

小さいサイズ
手のひらくらいの12cm。

http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B5948.html


ショールームにも展示しています~



Category: ミニ日記  

怒涛のQ&A!!




クラシックミニマガジンが届きました~♪


RIMG0037_20120914165824.jpg

往年のミニ雑誌定番の
Q&A特集です!!


カラーバリエーションが全部記載されている部分
などは圧巻ですよ。



内容にもよりますが、こういう号は
保存版みたいなものなので、買いではないでしょうか★




今日は、珍しく社長にではなく、
私とお話をしにお客様がいらしてくださいました~
(ブログを見ていただいたとのことで)


お土産までたくさんいただいてしまいまして、
大変恐縮です。。。。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
うさぎのモナカ

かわいいです~

2012-09-14 16.51.03

私は、ほんとにクルマに詳しくないし、
たぶん何年たっても、クルママニアのみなさんと
深いお話が出来るほどの知識がつく自信はないですが、


こんなつたないブログでも
読んでくださっている方がいると思うと、
がんばっていけそうです~


本当にみなさまありがとうございます。


Category: ミニ日記  

ミニの最後の姿




限定車の買取・査定
についてですが、

ミニの場合は、
全体として発売から年月が経っていることから、
限定車だから一様に評価が高いということにもなりません。
※ ミニマルヤマの場合

一番はやはり、”車の状態”です。

普通のミニでも、状態がよければ良い値段がつきますし、
限定車でも、状態が良くない場合は、値段がつかないこともあります。


もちろん、状態が同じ場合であれば、
限定車のプラスアルファはつきます。



ミニを手放すときに一番いいであろうことは、
買ったSHOPで買い取ってもらうことです。


買う前に手放す時のことを考える場合も同じで、
買取・査定を行っているミニSHOPを選ぶといいと思います。



今日は衝撃写真
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2012-07-17 09.06.37

鉄の塊になったミニ。

2012-07-17 09.06.20


理論的にミニはどこまでも直せますが、
廃車になるしか道が無いミニがあるのも事実です。
(事故で直すお金が無いとか)

2012-07-17 09.06.03


普段見ることのないミニの姿でした~





Category: ミニ日記  

変わることが良い事か、変わらないことが良い事か




マークうんぬんの話をしたのに、

こういう言い方をするとややこしいですが、
製造されたのは、MK1が先でも、

MK2が作られたからこそ、
MK1は誕生したという考え方もあります。



メーカーとしては、MK2、MK3・・と長い発展を願って、
はじめからMK1と呼びたいところかもしれませんが、

ミニに限らず、あらゆる製品は、
ユーザーに指示されて初めて成功します。


”悪ければ捨てて次へ”という大原則に従い、
生き残ったものだけが、2、3、4・・と呼べる次のモデルを生み、


その前のものを、1と呼んで称え、珍重し、
後世に伝えていくのは、ユーザーです。


そういう意味では、
メーカーはMK1をつくれないともいえます。


なんどもしつこいですが、
MK2の製造が始まって、販売して初めて、
MK1という称号が生まれます。


最初の型こそが、コンセプトをもっとも正しく伝え、
それ以降は次第にユーザーに媚びてしまう、
と言う人もいます。


そういう意味では、やっぱりMK1は偉大なのかもしれません。



だけど、そんなことはさておき、

新車が無くなった今もミニを選ぶユーザーは、
時代の流れや多数派の意見にこだわらず、
自由な感覚を持つからこそ、ミニを選び、
乗っているのだと思います。


ミニの歴史上の事実は、
MK1・2・3などいろいろなものを生み出しましたが、

私とミニの歴史が、それとは別に存在するように、
あなたとあなたのミニの歴史も、誰の介入もする余地もないもの。


ミニはなんでもあり★








img213.jpg


ディーラーから正式な販売はなかった4ドアミニの
写真が出てきました。

img211.jpg


これも、便利なのは、誰も否定しませんが、
造形美として、好きな人と、ドアはないほうが美しいという人と
意見が分かれるところ。


img212.jpg

室内の広さが伝わる写真。
普通のミニなら運転席の背もたれを水平に倒せません。







Category: 中古車情報・新製品etc.  

車好きは車屋さんとは限らない





最新のミニの詳細が
HPにUPされました~



p0091-photo1.jpg


ローバーミニ・クーパー1.3i



オリジナルのクーパーはホワイトルーフですが、
こちらはブラックでビビッドな感じになっています★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
同じカラーリングの置き物。

p1012818.jpg


ショールーム1階にて展示中です★










一つ前の記事に続き、
ミニとはあんまり関係ない話ですが・・・


この前、あきる野市の秋川駅近くに
たまたま行く機会があったので、
たまたま入ってみたピザやさんの店内に
ミニカーがたくさん置いてありました。

2012-09-08 17.47.10


仕事中ではなかったのですが、
こういうのが気になってしまうのだけは、
車やの娘のハシクレでしょうか。



店内に飾ってある
ランボルギーニとかフェラーリ、ポルシェなどなど
手のひらより大きい(1/18とか?)サイズのミニカー。

2012-09-08 17.46.49



クアラントゥーノ
http://quarantuno.net/

お一人でキリモリされていて、
忙しそうだったので、お話していないですが、
ひょっとするとオーナーさんは、
車好きなのかもしれないですねぇ。

2012-09-08 17.45.32



ピザを食べたのに、その写真は取り忘れてしまいました=3


石釜で焼いたおいしいピザも、
500円~とリーーズナブルだったので、お近くの方
車かピザが好きな方は、行ってみてはどうでしょう~★
(※駐車場はないと思います。)




Category: ミニ日記  

本当は走るものだから





ちょっとイヤな話ですが、


毎日乗っている人のほうが、
比較的安い消耗品は減っても、

乗っていない人の方が、
直すときに高額な部分が壊れやすいです。


まーーったく乗らないというのは、
動くべきところが停まったままになるので、


たとえば、
発電機のブラシがくっついてしまったり、
モーターが固着してしまったりします。


そういう箇所は、もともと壊れやすい部品というわけでもなく、
頻繁に乗っている人は、いつも動かしているので、
そんなに壊れるわけでもないです。


もちろん、タイヤやブレーキパッドなんかは、
乗れば乗るほど、磨り減るものなので消耗しますが、
モーターや発電機に比べると、安価です。


だけど、ミニを日ごろ足として使用していない方や、
忙しくて乗る暇もないという方もいると思います。


そういう場合は、走らずとも、
エンジンをかけてあげるだけでも違います。


できれば、ガレージから少し出す程度でもいいので、
タイヤをちょっと動かしたり、
ブレーキを少し踏んだりすると、尚良いです。


でも、なかなか難しい方もいるようで、
2、3ヶ月に1回乗るかどうかで、
ガソリンを入れるよりも、
バッテリーを交換する頻度のが多いという方も
いらっしゃいます。


バッテリーに関しては、これが便利です★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


p1013690.jpg

http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B4046.html


乗らなくても
1ヶ月に1回くらい充電してあげてください。

これは、つないだまま出かけても大丈夫なので、
ラクちんです。






2012-08-31 21.46.42



またまた、ローカルなお話ですが、

代官山の蔦谷書店

9月30日まで
19時以降 駐車場2時間 無料のようです。
(店内で買い物をしなくても)


べつに、私はTSUTAYAと関係ないのですが、
車乗りには耳寄りなお話だ~
と思ってしまったので、書いてみました★


今ちょうど、CARコーナーではMINI(ローバー&BMW両方)が特集されていましたし、
ミニに限らず、F1、レーサー別、外車車種別、国産車種別などなど・・・
カーグラフィックもものすごい量のバックナンバーがあります。


車の書籍だけを扱うお店もありますが、
これだけの量と、車以外の書籍も扱っているところは
そうそう無いので、

夜のドライブついでに、ここなら、車に興味の無い人とも、
一緒にいけるのではないでしょうか~




Category: ミニ日記  

疑問にも思わなかったこと





ミニの生産初期10年の間に、
MK1、MK2、MK3と呼ばれるミニが登場しましたが、

MK=マークって何でしょう。



もちろん登場順によるナンバリングであるのはわかります。

映画でも、あらかじめ3部作のものには、「パート1」とかありますが、
1作目を作って、のちにヒットしたから続編も作っちゃいました
というようなものには、「パート1」はついていないように

結果的に、ミニが継続してきたからこそ、ついた名称で、
今で言う、MK1のカタログには、MKの記載はありません。
(MK2~は記載があり。)

img254.jpg



それぞれのMK1・2・3の違いや特徴についても、たくさんの資料はあります。


そう呼ばれているから、私も何気なく飲み込んできましたが、
なんでマークっていうのでしょうね。


多くの人が気にしたこともないでしょうし、
気にして、知ったところで、また何の意味も無いと思うのですが、
そういえば、なんで”マーク”と呼ぶのかは聞いたことがありません。


Mark:目標・標的・印・記号・・・

辞書には、英国軍の戦車、武器、飛行機の型という記述もあります。



世界の名戦闘機のひとつとして名高い
英国のスピットファイアも、MK1からMK19までつくられたと言われ、
その他ライフルや、大砲などにもMKとついたものがあるようです。


他国の軍には、MKと名づけているところはほとんどないようで、
アメリカなら、タイプ(あるいは頭文字T)・モデル(あるいは頭文字M)などが
よくある名前のようです。



車についても

ジャガー、MGなど、英国車はミニ以外にも、
マークで区別するケースは多いです。


アメリカは、モデルチェンジが早いこともあってか、
あまり同型車を呼び連ねることが少なく、


ドイツも2、3ケタの数字をモデル名とすることが多く、


イタリアも数字が多いですが、個別名前をつけることが多いです。
(アルファロメオ・ジュリア・スプリントなど)



ここまで書いておいて、
申し訳ないことに、いくら調べても、
”なぜマークというのか”は定かではありませんが、
こうしてみてみると、英国独自の慣習なのかもしれません。







Category: ミニ日記  

エンジンぐらぐら






スロットルのオン・オフでガツン!
エンジンから音がするときは、
ブッシュのへたりが原因かもしれません。


ブッシュは、
エンジンをボディやサブフレームにくくり付けているロッドの中の、
振動を吸収するゴムのパーツ。


というわけで、もし、ブッシュがへたっている場合なら、
ボンネットを開けて、エンジンを手でつかんで
前後に揺すってみると、グラグラするかと思います。


そのままにすると、
あちこちに問題が出ることがあるので、
気づいたときに対処したほうがいいです☆


深刻に言えば、マフラーが落ちたり、ボディにヒビが入ったり。。
ここまでくると結構直すのにお金がかかってしまいます。



どうしてこういうことになるのかの原因としては、
走行距離とかはそんなに関係ないようです。


イギリスと違って、
日本のように信号の多い道路で、
停まったり、動いたりを繰り返すことが負担になっています。


なので、同じ距離なら、
信号の無い高速で渋滞につかまらず走ったら、
そのほうが、負担は少ないということになります。


とはいえ、ノンストップで走ることもできないし、
そこまで神経質になることもないのですが。


”グラグラ”って、どのくらい動いたらまずいのかというと、
揺すってみて少しでも動いたら、交換時期です。


エンジンがグラグラする理由は、ブッシュだけでなく、
ステディロッドのボディ側のボルトが緩んでいることも考えられます。


もっと言えば、
音による原因判別は、どこからどんなときに出ているといわれても、
実際見て、聞いてみないと、メカニックでも
原因は追究するのが難しいので、


一概に今回のように、
エンジンから音がする=ブッシュがへたっている
とうわけでもないですが、


気になる方は、エンジンをがしっとつかんで
揺らしてみてください。


ちょっと勇気がいるかもしれませんけど。






p10150772.jpg

ミニマルヤマには、1つもなかった、

サーフブルーの色のミニカーを
お探しの方がいらっしゃいましたので、

入荷いたしました★





Category: 中古車情報・新製品etc.  

フレームレッド クーパー1.3i





またまたショールームに新しいミニが到着しました。

1階にて展示中です☆


CARGBN8W.jpg


クーパー1.3i


CAB55Z9L.jpg


フレームレッドのボディに
ブラックのルーフ。

パンチが効いています。

CAMFG7X9.jpg


この車には、ご覧の通り
オプションもすでにちょこちょこと付いています。


CA0F3GED.jpg


内装はブラック
フロアマットはレッド。


CAOF08N4.jpg



ウッドパネルにウッドのステアリングです。

メーターの横にはCOOPER ワールドチャンピオンの
ステッカーつき。


今週中にはHPに詳細がUPされます。


赤ミニをお探しの方は是非ご覧下さい~



Category: ミニマルヤマ  

めずらしいエンジン



アレキサンダー7ポートエンジン



RIMG0053_20120903162146.jpg




850c用の7ポートクロスフローアルミヘッドです。


RIMG0054_20120903162145.jpg



大変めずらしいスペシャルなエンジンとのこと。


ショールーム1Fにて展示中です。


RIMG0055_20120903162145.jpg






12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >