ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Sort by 03 2012

Category: ミニマルヤマ  

5年に1度替えるのはどうでしょう





img080.jpg



今日は
シート&内装の張替えについて。


お問い合わせがあったので、
ここにも書いておきます~




お値段は、
工賃込みで15万~18万くらい。


色は40色ほどからお選びいただけます。


材質や
縫い方や
ステッチの色
タックの色も変更可能なので、
バリエーションはさまざま。



RIMG0055_20120330155036.jpg

タックって言っているのは、
この写真の赤い部分のことです。

紐、フチ??




RIMG0054_20120330155036.jpg

左右合わせてユニオンジャックとか




RIMG0053_20120330155036.jpg

素材もレザー以外にもあります。




RIMG0052_20120330155036.jpg

1色に統一するもよし。


RIMG0050_20120330155036.jpg

この写真だとすごい派手に写っていますが、
赤も結構スタンダード。

私も室内真っ赤です。


RIMG0056_20120330155210.jpg

シートベルトとタックの色を合わせたりするもよし。


RIMG0057_20120330155210.jpg

柄物もありますし、


RIMG0058_20120330155210.jpg

柄の中でも
タータンチェックは、これまたトラディショナルです。


RIMG0059_20120330155210.jpg

ミニマルヤマには、シートのみのサンプルは
置いていないのですが、
展示車両のシートなどを参考にしていただけますと、
イメージが沸きやすいかなと思います。


RIMG0060_20120330155210.jpg



ちょっと見つからなかったのですが、
みなさんは、今までに一風変わったシートや内装なんて
みたことがありますか??






スポンサーサイト
Category: ミニ日記  

魔法の言葉




あなたとコンビニファミリーマート

インテルはいってる?

かわいいは作れる

そうだ、京都、行こう

no music no life


・・・


心に残っているキャッチコピー
ってありますか??




Penny a mile

1ペニーで1マイル走る。


ミニ発売当初、大々的に使用された広告用キャッチフレーズのひとつです。

たった1ペニー分の燃料で1マイル走るという経済性をアピールしたもの。


日本では当時、高級車だったミニだけど、本国では、大衆車でしたからね。


今の日本で燃費を一番に押し出しているクルマのCMのようなかんじでしょうか。



Penny a mileは

当時のガソリン価格が定かではないですが、
時速50マイル(80km/hくらい)の走行で
50マイル/ガロン(18km/?くらい)の燃料を記録したという
ミニの実績に基づいています。




img081.jpg

これもすごいですよね。

「キーはあと200だけ」


この広告は、Roverの正式なものではないのですが、

2000年に生産が終了した後、
日本仕様のCOOPERとCOOPER SPORTが200台
海を渡って日本にくるので、

これを逃したら、もう次はないよ~

というようなメッセージで、”あと200だけ”なのです。


あと少しとか、残りわずかとか言われるよりも、
明確に数字を出されると、
それだけでもインパクトやリアリティが出ますね~。


急かされて買ってしまいそう。


ミニ乗りの皆さんも、
購入を決めるに至ったカタログや雑誌、
印象に残っている広告なんてものが
心の中にあるんじゃないでしょうか。




Category: ミニ日記  

好きこそすべて





お店にいると、けっこう耳にするお客様の言葉があります。


「ミニのこと全然知らないんですけど・・・」


ミニマルヤマの答えは、


「ミニのことを知る必要は無いと思います。」です。



私が、いい例で、ミニの歴史的背景だとか、
内部的な構造だとか、知りもしないで毎日乗っています。


トヨタでプリウスを買うときに、
いちいちプリウスの詳細を知らなくてもいいように、
ミニだって、ただ乗ってたっていいんです。


※ プロに整備をちゃんと任せるという前提で。

ただし、ミニマルヤマでは
新車の販売員のように、ぐいぐいお客様にミニを勧めたりしません。


だって、ミニとプリウスだったら、
プリウスのほうが”一般的に”イイ車ですから。


ただ、ミニが好きで、乗りたいと思ったなら、
なにも心配いらないです。





たまたま、ミニマルヤマの子に産まれたがために、
ミニに乗っている私ですが、

正直なところ、私がまったく車に関係ない人生を歩んでいたら、
50年以上もたった車なんて、タダでも、もらいたくないです。


家を買うとしても同じだけど、
リフォームもしなくて古いままなら、劣化があるし、
安く買えても、その後に補修すべきところが
ちょこちょこ出てきたりなんかしたら、うっとおしいです。
せっかく買ったんだから、すぐに快適に気兼ねなく住みたいです。


車の話に戻すと、
そもそも、性能的にも心配だし、
ディーラーもないのであれば、何か起きたときどうすればいいのか不安だし、
直したり、メンテナンスするのに、いくらかかるのかも知りたいところ。


だけど、
何かあっても相談できる、信頼できる整備やさんがあって
メンテナンスコストも、月々これくらいよ~
というのであれば、だいぶ話は変わってきます。


ミニマルヤマは、車両販売もしていますが、やっぱり基本は整備です。


仮に、目先の利益をとって、
ごまかしたミニをとりあえず、薄利多売的にバシバシ売って売り上げをあげたとしても、
結果的に不具合が出て、お客様をがっかりさせれば、
ミニは短期的に市場を行き交い、いずれどこの手にも負えなくなり、
廃車の一途をたどります。


やっぱり、売った車を喜んでもらって、
長く乗ってもらうことで、ミニマルヤマもメンテナンスで
お手伝いをしていくことができるし、
お客様もミニもHAPPYなのは、明瞭です。



img076.jpg

↑古いカタログの写真より☆



Category: ミニマルヤマ  

知らないうちに進行中かも





またまた最近もカードックのお問い合わせが
多発しております。

そのうえ、現在のところ、かなり混み合っております。

せっかくお問い合わせいただいてますのに申し訳ございません。。


車検みたいに、レーンを通すだけで
診断結果が出るようならいいのですが、
エンジンを下ろしたりしていると時間がどうしてもかかってしまいます。。

あとは、入ってくる車の病状が良くないことも影響しているようです。


人間もそうなりがちですが、
なかなか、調子が悪くなるまでは、そのまま突き進んでしまいがちです。

ミニの場合、
素人目に見て、なんかおかしい・・!と思ったときには、
すでにかなり悪い状態だそうです(-_-)


つまり、なにも感じていないときでも、
なにか異変が起きている場合もあるとも言えます。


半年に1回オイル交換がてら、点検してあげてください。





今日は、コレクターズアイテムをご紹介。


p10150250.jpg

BMC オースチンモーリス 1100 カントリーマン・トラベラー用 MK1 ボディーパーツリスト


p10150251.jpg

英語でかかれてます。

ボディのパーツリストの当時のものです。

何に使えるかとか、
どう役立つか、
そういう意義を飛び越えた場所にあるのが
コレクターズアイテム。


使えなくなった昔のお札みたいな感じです。

これまた、マニア向け。




Category: ミニ日記  

そこが大事





p0120-photo1.jpg


ミニ乗りであれば、一度は必ず聞き覚えのあるフレーズ。

ジョージルーカスじゃないですよ=3



今日は、ルーカスのお話。


創設者は
ジョセフ・ルーカスさんという方で


電気メッキ会社で働く父をもち、
同じように電気メッキ会社で働いた後、
ランプ用のオイルなどの路上販売を始めます。



その商売は軌道に乗り、
ディーラーなどからの誘いもあった中、


自ら”ルーカス社”を誕生させるのですが、
なんとわずか5年後、68歳の若さで、ジョセフ・ルーカスさんは他界してしまいます。


その後、
長男のハリー・ルーカスと、孫のオリヴァー・ルーカスにより、
バーミンガムとイングランド中部に、11の工場を持つまでに成長し、
ピーク時は世界中で8万人を雇用するほどに
会社は発展していきました。


自転車からロールスロイスに至るまで、イギリスの自動車産業の
およそ90%のシェアを誇るほど、
広い範囲でクルマ産業を支えていきました。


こうしてずっとルーカスの一族により支えられていたルーカス社ですが、
1950年、ルーカスの家系ではないバートラム・ウォーニングさんが
社長に就任します。


第二次世界大戦が勃発すると、
世の中とともに、ルーカス社も戦争体制に切り替わります。


電話線や爆撃機のためのケーブル、プラグ、ソケットなどを
生産するようになり、ドイツ軍から
工場を威嚇射撃されることもあったそう。


そんな苦難の中、終戦までに4万人もの従業員を新たに雇っており、
その大部分が女性でした。


そんな戦火を乗り越えてきた、ルーカス社は
ミニの業界においても、確固たる地位を築き、
多くのファンを生み出しました。

p0148-photo1.jpg


会社無き今も、ルーカスの重みを私は感じます。


まだ、私がミニマルヤマで働き始めのころ(といっても1年前くらい)
Lucasの商品を販売したとき、
「注文したものはルーカスなのに、これはLucasの刻印がないじゃないか!」
とつき返されてしまうことがありました。


それ以来、
ルーカスと名のつくものについては、特に慎重に取り扱っています。


会社が無いので、当然新しく製品は生産はされていませんが、
各地のミニやさんにルーカスのパーツがデットストックされている場合があります。


またリプロとして、Lucasではない会社が
”刻印のないだけのまったく同じ商品”を販売している場合がよくあります。


そして、これは完全に、こちらが悪いのですが、
販売の見本の写真はLucasの刻印がされており、
デットストックしていたLucasの刻印入り商品が完売したあと、
同商品のリプロのものに切り替わっても、写真を差し替え忘れちゃったんです=3


見た目・機能としては同じものなのです。
使う上でも問題はないのです。


ただ小さくLucasという刻印があるかどうかの違いなのです。
(大きく違うリプロの商品も中にはありますが)


所詮、クルマの部品。

使えればいいでしょ
会社がないんだし、もう仕方ないでしょ
町を走ってて、刻印の有無なんて誰にも見えないでしょ
そういう見方もあります。

だからこそ、リプロも存在します。
それは悪いことでもなんでもないんです。



でも、”Lucas”を求めているお客様からすれば、大問題なのです。


本物のエルメスのバックと、
なんとなくエルメスみたいなバック
くらいの違いなのです。


というか、見本写真と違うものを売ってしまったことが
すでに大問題でもあるのですが・・・

※ 現在はすでに写真や表記を改正しております。



とにかく、何が言いたいのかというと・・・
今だってファンの絶えないルーカスなのです。



Category: 中古車情報・新製品etc.  

MINI 1000





新しいミニがさっそくショールームに入ってきました!



p0090-photo1.jpg



ローバーミニ・メイフェア・1.0

p0090-photo3.jpg


紺色です。

この車両の純正色でとても21年前の色とは
おもえないほど、きれいな塗装です。


p0090-photo2.jpg


ミニ1000をお探しの方は必見です。



RIMG0001_20120326142748.jpg



ワンオーナーでコンディションはバツグンです。


p0090-photo5.jpg

紺といいますか、
正式にはミッドナイトブルーといいます。

写真では伝わりにくいかもしれません。

ぜひ、実際にご覧頂きたいです☆



p0090-photo4.jpg




内装は、ALL BLACKです。

とってもシックな雰囲気です。





RIMG0002_20120326142834.jpg


そしてなにより、すでにセンターパネルだということが
魅力的かと思います。

ミニを探していらっしゃるお客様で、

「この販売車両でセンターパネルに変更したい」

というご要望をよくいただきます。


ショールームに展示されている車両は
基本的にすべて現在の状態での価格となりますので、
メーターの取替えなどは、別途料金がかかってしまいます。

でも、
こちらのミニはもう、すでにセンターパネルで
このお値段です。





詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://minimaruyama.co.jp/car/p0090.html





Category: ミニ日記  

憧れの・・・




最近、雨がちですね。

来週あたり、また、1台新しいミニが入ってきそうです☆

色はだったかな。

写真をまた載せます~





今日は、MK1のお話。

MK1といえば、ミニ乗りの憧れ的存在。

そしていまや、レア的存在。



そんなMK1は見た目も違いますが、
いろいろと後期のミニとは違うところがあります。


マニアは周知なことかもしれませんが、
私みたいに、後期のミニしか乗ったことの無い方は
驚くことがあるかもしれません。



たとえば・・・

まず、エンジンの始動方法からして違います。

キーを回してもエンジンはかかりません。

キーはありますが、電流のON/OFFのためのもの。



運転席と助手席の間にあるボタンを押すんです。



RIMG0002_20120323173335.jpg


最近の国産車みたい。



これで、エンジンがかかりました。



次に操作で戸惑うだろうことは、
夜起こります。


ステアリングを見ても、ウインカーレバーしかありません。


ライトは??


RIMG0001_20120323173335.jpg

ヘッドライトの
ハイ・ロービームの切り替えは、

ディッパースイッチといって、
ヒーター下のフロアにあるスイッチを足で踏むのです。


エンジンスイッチは足で押すことはないそうですが、
足で操作することが盛りだくさんですね。(MTだし)



あとは、鍵だと思います。


みなさんは、
クルマから降りるとき、助手席の鍵は中から手で閉めますか?


外へ出て、助手席側へ周り込んで鍵を挿して閉めますか?



前者のが多数派でしょうね。ラクですから。


MK1の場合は、助手席側にはドアロック用キーホール(鍵穴)がないので、
必然的に、助手席側の鍵は中から閉めるしかありません。


RIMG0003.jpg



操作的なところでいうとこんなところでしょうか。



あとはうんちくですが、


ミニは生粋の英国車だけど、
MK1はオーストラリアでも一時期製造販売されていたんだそう。


MK1の車をそのまま入手するのは難しそうですが、
デザイン的に真似をしたり、
リプロのパーツを使えば、ちょこちょこマネをすることはできます。

しかしながらやはりマニアの中には、
本物のMK1を探している方も未だ、多いのでしょうか。

ミニマルヤマにもよくそんなマニアなお客様がいらっしゃいます。


みなさんはMK1は好きですか??





Category: ミニ日記  

陰の主役





だんだん、このブログもある種
マニアックな内容になってきているような気がします。

(為にならないMINIのうんちくばかりで)



わたくし最近は、毎週水曜日に家で映画(DVD)を観ています☆



というわけで、

今日は、映画 ミニミニ大作戦にちなんだお話。

ミニ+映画=ミニミニ大作戦というくらい
ミニ乗りには知られている映画ですね。



この映画のカースタントを担当したのが、
レミー・ジュリエンヌさんという人で、


もともとレーサーだった彼は、フランスのモータークロスで
チャンピオンになったこともあり、
フランスではカリスマ的存在だったそう。


その後、自分でカースタントの会社を設立し、
カースタント集団を結成。

日本でいう高橋レーシング?!


当時1960年代
そのスタント技術は狂気に満ち溢れていたそうですが、
正確に計算された事前の危機管理と
培ってきた経験によって、結果的に大成功を収めました。


監督やプロデューサーからも絶大な支持を受け、
スタントマンでありながら
映画制作の上での考案にも携わったそう。


その構想は制作スタッフの創造をはるかに超えたもので、
カメラマンのなかには、あまりの恐ろしさに逃げ出してしまった人もいたんだって。。


現代では、もったいなくて誰も貸し出したくないだろう
貴重なクーパーSが、豪快に漫画のように走り回る様子は、
まさにこの映画の醍醐味♪




カーチェイスだとか、銃撃戦とか、格闘シーンだとか、
現実世界では、ご法度なことですが、(だからこそなのか)
多くの人が、かっこいいと思ったり、高揚したりするのは、なぜなのでしょう。

お堅いこといいますが、
道徳的には、あまりいいことではないのに。


人間は、好奇心とスリルを求める生き物なのですね。

私は、アクション映画はあれはあれで好きです☆シンプルでわかりやすくて。



スリルは映画で
ドライブは安全運転で
いきましょう~

※ 自分自身に一番言いたいところ。。




Category: ミニ日記  

いつかいなくなるとしても。




miniを大切に乗ることは、
絶滅危惧種を守ろうとするようなことに似ているかもしれません。


このブログの意味は、もちろんミニマルヤマのプロモーション的要素もありつつ、
図が高い話ですが、
ミニという車を、楽しみながら大事に乗っていってほしいという
メッセージがあります。



もちろんミニのいいところも伝えていきたいし、
いいところだけじゃなく、乗るのであれば覚悟しなければならない
リスクやデメリットや現実もちゃんと書いていくべきだと感じています。


なぜなら

ミニの生産が終わった以上、台数は減るいっぽう。

(バーツもボディも売っているので、組み立てて新車をつくることもできますが、
 ものすごいお金がかかります。)


外見も、中身もボロボロになった車は、
市場価値も下がるし、車としての寿命も縮むだけ、
それを買って、整備や不具合に悩まされ、
「ミニなんて、もういや!」とミニファンが減ってしまえば、
ますますミニはお払い箱・・・


もう生産をしていなくても、ミニはもともと丈夫な車だし、
パーツだって現在でも充実しているので、
整備が行き届いたミニならば、
車自体の寿命も延びますし、ミニ乗りもハッピーだし、
ミニという車がより長く乗り継がれてゆきます。


ミニがなくなれば、ミニマルヤマも一緒になくなりますから、
結局のところ、ミニマルヤマのためでもあることになりますけど=3


漁師が海を大事に思う感覚と同じ気がします。
魚がいなくちゃ、食べていけませんし。
それゆえに海を守ろうとするのは当然のことじゃないかと。




さてさて、今日はまたまた、
面白ミニ写真集♪



img072.jpg

ヒョウです!

サファリパークにぴったりなミニ。

どどーんと顔が描かれているので、ボンネットを開ける時
どことなく怖そうです。


img073.jpg

ナンバープレートには、MINI JAGUARと書いてあります。

ちゃんと後ろには、しっぽも。



img066.jpg

このMINIはリヤにご注目。


img067.jpg





img069.jpg

こちらは、もはや、屋根もフロントウインドも
とっぱらったミニ。

今は無き、子供用のミニのペダルカーを彷彿とさせるフォルム。


img070.jpg

最近、街中でも2階建てバスが時折走っていますが、
そのミニバージョン!

男の子がかわいいですね~☆
広告のような一風景になってます。


img071.jpg

ただ、現実的に考えてしまうのは、
この上に大人がワンサカ乗ったら、
ミニは重さに耐えられるの?!と、心配になっちゃいます。

お子様限定かな?


img074.jpg

賛否両論分かれがちな、ミニの4ドア。
しかも、こちらは、3列シート。

前後はそのままに、びよーんと真ん中がのびているので
合成写真みたいにみえます。


ミニは小さいからこそ、都内の狭い小道も小回りが効くので、
私は、3列は必要ないけど、

ララちゃんを乗せるとき、いつも、
「4ドアならラクなのに~!」と思っちゃいます。



みなさんは、4人乗り以上のミニ
2枚ドアではないミニ

アリ?ナシ?

どうおもいます???


オリジナルのコンセプトからは外れるけど、
正直、重宝しそうですよね。



Category: 中古車情報・新製品etc.  

後ろに乗るのは違反ですが。




お待たせしていたかどうかはわかりませんが、
お待たせいたしました!


ちょっと前にこのブログに書いた、
あのSMAPのジャケットに載っていた

ミニ ピックアップ

今日は実車の写真をUPいたします~


RIMG0011.jpg

前から見ると、一見普通のミニみたい。


ミントグリーンみたいな
なんともいえない色をしています。
(いい意味で)


RIMG0006_20120321163541.jpg


横から見たらこんなかんじ。

ドアヒンジがかわいいです。

ガソリンタンクキャップの位置も長モノならでは。



RIMG0008_20120321163541.jpg


本当は、ホロも付くんですが、ちょっと
今は用意できませんでした。



RIMG0007_20120321163541.jpg

荷台は、ユニットバス2個分くらいあります。

ララちゃんにぴったり。
犬も荷台に乗せて走ったらダメなんでしょうかね?




RIMG0009.jpg


室内は、メーター周りがご覧のとおりなので、
体感的に広く感じます。

シートの色もボディと同じ。

RIMG0010.jpg

ドアポケットがかなり大容量です。

ポケットの左側にあるのは、灰皿。

ぶら下がっている黒い紐みたいなものが、
ドアを開けるときにひっぱるヤツです。

古い年式だと、レバーじゃないんですよね~。



今は、ショールームの2階にあります。

基本的に、内・外装はこのままに、
足回りや、中の機能的な部分は、ミニマルヤマで売っているミニと同じく
すべてしっかりメンテナンス後の納車となります。


HPには載らないかもしれません。

ちょこちょここのブログでインフォメーションしていきます~


ご興味ある方は、ショールームに直接ご連絡くださいませ。











先日ショールームに到着した白いジョンクーパーは
新しいオーナー様が決まって、旅立ちが決定いたしました☆


http://minimaruyama.co.jp/cgi-local/search/car.cgi?w=&submit=検索&action=search





Category: ミニ日記  

ドアポケットは灰皿じゃない




ミニ以外のイベントでも、
ミニマルヤマにフライヤーが届くことがありますので、
ここでも告知しますね☆


TRIUNPH MEET in JAPAN

RIMG00l14.jpg

5月13日(日)

相模湖プレジャーフォレストにて。


ちょっと日本では珍しい
トライアンフ(4輪)の集まりです。


トライアンフを乗っている方は、ぜひぜ行ってみてください!

もちろん、トライアンフに乗っていない方でも、
全然大丈夫みたいなので、興味のある方、好きな方も
気にせずいってみてくださいね~


詳しくはHPを

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://park3.wakwak.com/~spit/triumphmeet.htm


恥ずかしいお話で、
去年ミニマルヤマに入ってから、トライアンフという車を知りました・・


目の前にかわいい車が走っていて、
「この車なぁに?」と聞いたら、
「トライアンフだよ」といわれて、
「え?トライアングル??」
なんて感じのスットコドッコイな会話をした覚えがあります。





今日は
またまた、知っても得しないMINIの小ネタです☆




当時まだ、
カントリーマンが輸入されたばかりのころ、


ザ・スパイダースの
ムッシュかまやつさんも、いち早く
カントリーマンに乗っていたんだって。


※ 知ってる風に書いてますが、
  私は、ザ・スパイダースって初めて聞きました=3
  かまやつさんは知っていたけど。


そんでもって、
かまやつさんは、なんと、

前の座席の両サイドのドアポケットを丸々灰皿にしていた
んだとか。。。

(マニアには有名な、にわか話ですが)


もちろん私は、実際にこの目で見ていないので、
ほんとうのところの真偽はご本人に聞いてみたいところなのですが、

実話なら、かなりロックな話ですよね。


車内用のスリッパに履き替えるくらい、自分の車を大事にする人もいる中で、
当時決して安くはなかったカントリーマンを
そんな風に乗ってる豪快さが、もはや男らしくて凄い♪



そして、そのカントリーマンが、
森山良子さん(ムッシュさんのいとこなんですね!)に譲られ、
その後、息子の、森山直太郎さんに渡ったそうな。

(これは確かな話)


一般的にも、
お父さんが乗っていたミニを譲り受けたーという方は結構います。




みなさんも、いつか自分の子供にもミニを乗ってもらいたいですか?


(とはいえ本人次第ですけど)





Category: ミニ日記  

イギリスのベストデザインといえば?




何年か前、5、6年ほど前に
イギリスのBBCの「The Culture Show」という番組で、

視聴者20万人以上の投票により、
20世紀のイギリスを代表する最も優れたデザイン
「ベスト・ブリティッシュ・デザイン」というのを決定する企画がありました。


ダイソンの掃除機やドクターマーチン
赤い電話ボックスや、歩道の夜光灯など、いろいろなエントリーがありました。


~吸引力の変わらないただひとつの掃除機~

あの揺ぎ無い自信が溢れるキャッチコピー。

パワフル=アメリカで、
ダイソンって、ずっとアメリカのものだと思っていました=3


もちろん英国車のエントリーもありました。


結果は、

ジャガー(Etypeだったかな)が、11位

私、ジャガー好きですw



アストンマーチンが、12位


という中、


BMCミニは・・・・・・・4位!!!



大衆車としてミニが愛されていたことが証明された感じでしょうか。


じゃあ、トップ3は何だと思います???

車じゃないよー






1位は
コンコルド

すでに廃止されているにもかかわらずすごい人気。

かーっこいいですもんね☆



2位は

ロンドン地下鉄地図(A-Z)

すごい生活に密着したデザインのひとつでしょうか。


実際の駅の位置や、距離はさておき、視認性に重きを置いたデザインで
日本にも、その他の国にも使われています。





3位は
スピットファイア(戦闘機)

戦闘機にしては、結構かわいいデザインだなぁと思います。

見た目にかわいらしくして相手を油断させる狙いがあったとか。

(あるわけないけど)






ララちゃんもイギリスの犬です☆


RIMG00l11.jpg



ぶさいくな写真。。

ベスト・ブリティッシュ・ドッグ
にはなれそうもないです。




Category: ミニ日記  

COFFEE&MINI COOPER




先日入ってきた
白いジョンクーパー

何人かご来店いただいて、
見ていただいています。


今日も雨の中、こんあ辺鄙なところまで
お客様がいらっしゃっていただいています☆



ところで
みなさんもう気づきましたか~??


とかいいつつ、
私は缶コーヒーをあんまり飲まないので、気づきもしませんでした。




RIMG0024.jpg


DyDoのキャンペーンで、缶コーヒーを買うと
ミニのプルバックカーが
景品で付いてくるみたいですね!


全部で6種類。

NEW MINIが4台と
ローバーミニが2台。

RIMG0025.jpg


オマケについてくるにしては、
クオリティーがいいとおもいます。


NEW MINIはいいとして、
すでに会社がないし、生産もしていないのに、ローバーミニも
組み込まれているのが、愛されている証拠かも?!







Category: ミニ日記  

カーハウス






第15回 MINI JACK

RIMG0k016.jpg

5月13日(日)
岡山国際サーキットで開催です。


MINI JACK HP

お近くの方はぜひ☆


今日は、海外の面白ミニ特集。

これまた、いつどこで撮られた写真なのかは不明です。




img063.jpg

前にこのブログの記事にかいた、
アーミーミニとは、またちょっと違うメタリックなアーミー。


img064.jpg

なんか、未来的なリヤの形と、ランプの形。

アウディっぽいと思うのは私だけでしょうか?



img059.jpg


これなら、後部座席もゆったり座れそうです。

ドアノブはありますが、よーくみるとドアは開かないようになってるみたいです。



img068.jpg

こちらは、タイヤが3つも。

色と形といい、頼りがいがある雰囲気がしています。


img065.jpg

目がチカチカしそうなカラーリング。



img060.jpg

最後はこちら。
これは、すごいですよ。

もはや、ミニとは言えそうもないし、タイヤすら見えないけど、


窓のあたりに、人がいますよね。。。

ナンバープレートと、ライトもついています。。。

家のドアを開けると


img062.jpg

ハンドルとシートが!


写真では、道路上にいるので、一応走るようです。

(法律的に公道は無理かとおもいますが)

フロントウインドウ(窓)の手前に
やかんがおいてあります。


キャンピングカーほど快適ではないだろうけど、

もし家と車が合体したら、ガレージも、土地すらもいらないですね。



そういう問題じゃないか=3笑



もはや、冒頭のアーミーミニなんて地味に思えるくらい、
ここまでやってしまう感じが、海外ならでは??




Category: ミニマルヤマ  

ピックアップをお探しの方。




キムタクさんがニュースになっていましたね。。



たまたまなのですが、今日はこれを話題にしようと思っていました☆

SMAPの、この懐かしさ満天のアルバム


img056.jpg

まだ、初期メンバーの森君がいます。



img057.jpg

このジャケット撮影のために貸し出した

ピックアップがミニマルヤマにありまして。


ショールームに今展示中です。

もちろん、販売車です。

実際の車の写真をまた、後日載せます~


ピックアップは、ミニマルヤマでもなかなか売らないし、
世の中的にも、台数の多いものではないので、
車両価格もお高めな可能性ですが、
(SMAPうんぬんは関係なく)

状態のいいピックアップをお探しの方は、
必見です!!



私は、ジャニーズに興味がないので・・なんともいえませんが。

SMAPに関するものは何でも集めているという
熱狂的なファンの方がいたら、その方も必見でしょうか。

いやでも、別にメンバーの方が所有してた車とかじゃないので、
やっぱり、SMAPは関係ないですね。



2人しか乗れないけど、
私もほしいです。ピックアップ。



Category: ミニ日記  

お父さんの車キライ!!!




またまたクラシックミニマガジンが到着しました。


今回面白いですよ。

足回り特集。

RIMG0001_20120314135442.jpg


38ページを見て笑っちゃいましたw

なんでかというと・・・


正直、
ミニ(古いほうの)の生産が終了した今、
燃費とか車両価格とか、
メンテナンス面とかスピードとか乗り心地とかを
求めるのであれば、選ぶべき車はミニではないかと思います。


じゃあなんでミニに乗るのか。


ミニに乗っている方に共通しているのは、

「ミニが好きだから

ということ。



ちょっと言葉がへたくそですが、
ミニの売りは

”ミニであること”


細かく言えば
ミニのフォルムだったり、振動だったり、
ハンドルの感覚だとかに、
お客様は魅力を感じていることが多いようです。


逆に言えば、ミニに興味も好意もない人からは、

「小さいし、乗り心地悪い車だ!」

といわれても否定できないところがあります。


その現実を表すような、
読者の方の声がたくさん載っていて、
笑っちゃいました。


ブログの題名の意味は、
雑誌を読んだらわかります♪




あとあと、
58ページの診断チャートも、
楽しいです~


本屋さんへGO~☆




Category: ミニマルヤマ  

工具ってもってますか??





1988年 ジョンクーパーを発売した際に、
車についてきた、木箱というのがありまして。

その中には、
シリンダーヘッドや、キャブレター
エキゾーストパイプや、ロッカーカバー、
フィッティングキットなどが入っていたのですが、


その木箱のデザインと同じ木箱の
工具キット

RIMG0022.jpg

大きさは、40cmくらいです。
ずっしり重いです。


ブリティッシュツール
略して
ブリツールというイギリスの工具の会社と
提携して、
ジョンクーパーの木箱にブリツールの工具を入れた
工具セットを製作することになったんですが、
この1つのサンプル品を作り、実際に量産・販売はしませんでした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

RIMG0023.jpg

当時も、今も、
ほしいという方がいらっしゃるのですが、
今のところ、生産予定はありません。


どうでしょう。
あったら買いますか??


私なんて、工具があっても、本人が使いこなせないので、
豚に真珠状態です。
ただのオモリになるだけ・・・笑




昔みたいにミニがたくさん売れて
活気付いたら、こういう新商品の製作もできるんですが、
このご時世、幻のまま終わりそうな予感です。。


こんなふうに製作したものの、いろんな理由で取りやめになった、
サンプル品がミニマルヤマには転がってます。






Category: ミニマルヤマ  

いい~んです!





ここ最近、ミニ以外の車も整備していますよ~
なんて書いていたんですが、
その経緯は、もともとミニを整備していたお客様で、

別の車もミニマルヤマでやってちょうだいよー

ということがあって、ミニ以外の車も整備したりすることになったようです。





現在、整備中のMGの様子~


RIMG0016.jpg



ミニと比べると、大きくて、
これもまた、実にかっこいいです。


RIMG0018_20120312161258.jpg


毎回毎回、
自分のところで売った車や、
整備している車を褒めまくっている自画自賛な
このブログですが、


自分のところで作ったものや、手入れしているものを、
胸張れなければ、まずいとおもいます。

(私は、整備していないけど・・・)




「うちのパンは美味いんだか、どうだかなー」

なんていうパン屋さんがいたら、私は行きたくないです。
(思っていても言う店主はいないだろうけど)

お金払って、それを買うお客様に失礼な話だと思います。




べつに、
どっちが上とか下とか、
ほかのお店のミニは、あーだこーだとか、そういうこととも違くて。


鏡に向かって、私って、かわいい~
とか言ってるみたいな、うぬぼれとも違くて。


自分たちが、自信のないものに値札をつけて
売ることはないし、
売ったものを誇りに思えなかったら、
それを買ったお客様にも顔向けできないという意味で。




どうでしょうか。

大げさですか?


でも、高速で、タイヤが外れた話を聞いて、私はぞっとしたんです。

正直、どこで整備したって、それが原因で、
事故になったり死ぬことはないだろう、と思っていたんです。

だけど、原因は、直前にどこかの整備士にしめてもらったナットの
閉め加減だったんです。

ミニならでは、の話かもしれないけど。


車も人の命を乗せて走りますから、
決して”適当でいい”なんてことはないと感じました。



Category: ミニマルヤマ  

ミニの代わりとまでいかないけど。





今日はミニマルヤマよりインフォメーションです。


整備や車検や点検や、カードックの際に、

代車借りれますか~?」

とお問い合わせをいただくことが多いので。


やはり、ミニを普段使いされている場合は、1日でも車がないと困る方も多いと思います。

ミニマルヤマでは、代車はあるのですが、大体いつもフル回転状態です=3

空きがでたときは、Twitterなどでも、告知していこうと
思っておりますが、ここ数ヶ月、返ってきてはまた出て行って、出払ったままです。。


しかも、ミニやの代車なのに、ミニではないんです・・・がっかりですね(T_T)


今は、国産車など3台しかないもので、常時お待ちの方もいまして、混み合っています。


事故で修理のお客様が借りているときなど、
板金などで時間がかかるので、代車も当然返ってくるのが遅れます。

ミニマルヤマの代車は、年式は古いけど、代金は無料です。
(ガソリンは別途)

でも待ち時間が長いのが問題です。



もし、

「とにかく急いでて、代車も必要だ!」

ということでしたら、
ちょいとお金はかかってしまうのですが、


ミニマルヤマのほうで、レンタカーをあらかじめ
ご用意して、ショールームでお客様にお貸しすることも可能です!


お客様自身で、レンタカーを借りるより、たぶん少し安くできますし、
いちいち、近くのレンタカーやさんまで行かなくても、
ミニマルヤマのお店で乗り換えることができます☆

レンタカーについては、事前にご相談くださいませ♪



もしくは、オリックスのカーシェアのステーションが2台分
ショールームの真裏にあります。

http://orix-carshare.com/lp/?iad2=adwords110512

料金や手続きや、利用期間・利用方法は
上記サイトをご覧くださいませ~








最後に、
イベントのお知らせがきたので、
ご紹介しておきます~


ミニONLYのイベントではないですが、
お暇な方は行ってみてはどうでしょう☆

RIMG0015_20120309110250.jpg



ワンダーランドマーケット


通常入場料1000円だそうなのですが、
ミニマルヤマでは、800円になるチラシが置いてありますので
お近くの方はお店に寄ってくださいませ~

http://www.sunset.shop-site.jp/







Category: 中古車情報・新製品etc.  

どこにつけましょうか




今日もこちらは雨です。


今週は雨つづき。





これは、べつにミニ専用というわけじゃないんですが、
アクセサリーをご紹介。


レジストレーションケース


p10150064.jpg

本来は、車検のシール(丸くて、ウインドに貼ったりするもの)
をこの中にいれるものなのですが、
同じサイズのものなら、なんでもOKで、
写真のものは、うちにあったステッカーを入れてます。


http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B5502.html

こんなかんじに、どこかにとりつけるのです。

ネジで固定できれば、どこでも大丈夫。

車でもバイクでも、それ以外でも。

HALCYON製のものです。



RIMG0001_20120309102705.jpg


こういう商品は、アレンジが効くので
自分次第でいろいろな使い方ができそうです☆





Category: 中古車情報・新製品etc.  

新着☆ジョンクーパーS




新しい中古車がショールームに
入ってきました!!

1階にて展示中です。


久々のジョンクーパーSです。



p0089-photo1_20120307180928.jpg



ジョンクーパーS・1.3i

p0089-photo3.jpg

写真だと、真っ白にみえますが、
ついこないだこのブログに書いた
オールドイングリッシュホワイトのミニです。



RIMG0026.jpg


リヤクオーターにはCOOPER Sのマーク

こっちの写真では、真っ白ではないことが、よくわかります。



p0089-photo4.jpg


内装は、黒です。



RIMG0031_20120307180956.jpg

ダッシュパネルも黒で統一されています。



RIMG0032_20120307180956.jpg


ステアリングもブラックレザー



RIMG0029_20120307180956.jpg


ドア周りも黒。



RIMG0033_20120307180956.jpg

室内が黒で統一されているので、
外から見ても、なんとなく統一感があって
シンプルでいいんじゃないでしょうか♪

このまま乗ってもいいし、
ここへ、色味を足していって自分流にするのもいい気がします~



p0089-photo5.jpg


車両価格は、平均相場から見ると、高いと思います。
思うというか、実際「高いですね」という声をよくいただきます。

でも、車両を実際に目で見たり、
その理由を聞いた方は、そういうことかと納得されてます。


このブログをお読みの方は、
もう耳にタコができ始めているかもしれませんので、
話半分に聞いていただきたいのですが・・・


発売から数年の中古車には、そんなにない話かとおもいますが、
ミニに関しては、生産から数十年がたっていますので、
どんなに前のオーナーが綺麗に乗っていても、
どうしても劣化してくる部分は出てきます。見えないところも。


買い取ったミニをそのまま販売しているお店で買った場合、
年式からして、ミニはそんなに高くないとおもいます。


運が悪ければ・・・乗ってすぐ不具合が出る可能性も
運がよければ・・・安い車両価格でずっと乗れることも

それは買った後にしかわからないです。


すべては、どんな手入れをしていたか、
オイル交換をちゃんとしていたか、
事故があったか、それをちゃんと直したのか、など
前のオーナーの扱い方が明暗を分けることになります。

でも、そんなの中古車やさんには聞いても教えてくれないでしょうし、
1年調子よくのれても、次の1年に耐えられる状態なのかは
調べないとわからないです。


ミニマルヤマのメカニックでも、カードックの際は、1週間ぐらいかけて
車を分解して調べないと、そのミニの全ての現状がわからないので、

車体をお店で見ただけで、そのエンジン等の状態まで判断して購入するのは、
至難の業ではないでしょうか。

賭けともいえる気がします。


別にそれが悪いわけじゃなくて、
”安く買って乗れなくなったら捨てる”のもひとつのスタイルです。

「ちょっとミニに乗ってみたい」ということなら、むしろ
そのほうがお勧めだと思います。
(ミニマルヤマだと車を即日お渡しとかもできないですし。)


でも、


・先の見えない修理費用は負担したくない
・長く大事に乗りたい
・買ってすぐ問題がおきたりしたくない
・もう新車はないけど、それに近いものがほしい


という人には、お勧めできない購入方法でございます。



このミニに関しては、

・ボディーのオールペイント
・内装の張替え
・外装パーツも全て新品パーツ
・エンジンとミッション、デフ、ブレーキ、足回り等全てオーバーホール済み
・車検2年付き
・1年保証(ミニマルヤマでは全車に)
・その後の整備もミニマルヤマでも可能(必須ではありません)

これをすべて含めた、”安心・安全”も含まれた、車両価格となっています。



長くなってしまいましたが、

くわしいスペックについては、
ミニマルヤマHPにて記載しております。

ぜひぜひご覧ください~

http://minimaruyama.co.jp//car/p0089.html





Category: ミニマルヤマ  

パディさんの武勇伝




お客さまが、
昔の雑誌にミニマルヤマの車が載っていたと、
コピーを持ってきてくださいました♪



img049.jpg


このミニは、姿を変えて、今ミニマルヤマにいます。

写真がモノクロなので伝わらないのですが、
オールドイングリッシュホワイト×ブラックのミニです。



img050.jpg

この記事の内容は、車ではなく、パディさんにフォーカスしています。

写真のパディさんの「どや~」って顔が
積んできた経験と実績からくる自信の現れのような気がします。

(太陽がまぶしかっただけかもしれないけど)


文字が細かいので代筆

”1964年のモンテカルロラリー優勝
 67年にはフランス オーストリア領アルペンラリー優勝
 68年のロンドン~シドニーマラソンラリーでは総合2位と
 数々のビックイベントで輝かしい成績をのこしたラリードライバー
 パディ・ホプカークが、彼の持つ見事なドライビングテクニックを披露した。
 場所は大磯ロングビーチの駐車場。
 コースに水をまき、モーリスミニクーパーを使って
 自足130キロ スラロームスピンに始まり、スピンターンをかけて
 そのままバックで走行。バックの姿勢からバックスピンターンをかけて
 方向をかえるという高度なテクニック。
 この走法は、真冬のモンテカルロの雪上や氷上のヘアピンカーブで使うテクニックだ。
 この日ロングビーチに集まった人たちは、北欧ドライバーのものすごさと
 正確無比なハンドルワークに驚きそして感心していた”


このミニはパディさんのものではなくて、
パディさんを日本に呼んだ方、のお知り合いの方のミニだったそうです。


なおかつ、このミニは
ダウントンのステージ3というキットで
チューニングされていたこともあり、

パディが乗るのにちょうどいいので
このイベントの時に貸し出されたということのようです。



その後、カラーリングが変わり、
シルバー×黒のツートーンに。


img048.jpg

ドアにくっついているおじさんが、
うちの社長で、
その横のチビが、私の兄かとおもわれます。



このツートーンの車がミニマルヤマにやってきて、
のちに、大きさも色も変えて、
スプリントになるのですが、
それは、以前長々と書いてしまったので、
もしも、ご興味ありましたら、
こちらご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


パート1


パート2

大雑把に言うと

オールドイングリッシュホワイト×ブラックのミニ

グレー×ブラックのミニ

スプリント

という感じで、1台のミニが時と共に、
さまざまな出会いを経て、姿を変えてきた。

という話です。



現在の姿のスプリントには、
ボンネットには、ジョンクーパー氏のサインとともに、
パディホプカーク氏のサインがあります。

ジョンクーパー氏は、スプリントを作っていただいた方なので、
サインがあるのがわかるのですが、
なぜ、パディさんのサインも??



その理由が、
冒頭の話に戻るのですが、

”大昔に、パディさんが、大磯ロングビーチで、姿は違えど同じナンバーの
 同じミニに乗ってドライビングテクニックを披露した”

というエピソードがあるんだそうです。


ちょっとマニアックすぎて、正直、私みたいな素人には

「はぁーそうなんですか。」

というしかない話なんですが、
ミニマルヤマならではの、お話でした~






Category: ミニ日記  

やっぱり鍵には見えない。



平日も、ミニに乗って、
たまに休みの日にも乗ることがあるのですが、

日曜日のほうが、街中でよくミニとすれ違うなぁ
と思います。


気のせいでしょうか。


みなさまはどうでしょう??






以前ブログに書いた、
アンテナキーの別バージョンが
倉庫から出てきました。

売っているものでもないし、
今改めて買う方もいないでしょうけど、
資料で載せておきます☆


RIMG0005_20120306122011.jpg

丸いドーナツ型のもの。




RIMG0006_20120306122011.jpg

こちらも、純正とは少し違った形のもの。





今日はこれから、
お客様のところへ、
フェラーリを配達に行ってきます~。

ミニやなのに。。



もちろんミニが大部分&最優先にやっていますけど。


たまーに
フェラーリ(クラシックなの)も直したり、
車検を取ったりしています。



Category: ミニ日記  

木の温かみ




雨でも、お客様がきてくださっています。

ありがたやです。





今日はウッドパネルのお話。

ウッドパネルって
年月がたつと、ヒビがはいってきたりしますよね。


RIMG0018.jpg


「ひび割れてきたからどうしよう・・・」と
たまにお問い合わせをいただくのですが、

純正のウッドパネルは、現状もう生産していなくて、
お探しの方も多いようです。


RIMG0019.jpg


ショールームには、数える程度ですが、
ウッドパネルがおいてあります。

http://shopping.hobidas.com/shop/minimaruyama/item/B5457.html


種類も在庫も限られていまして、
デットストックなので、今あるだけで、
もう入荷の予定はないのですが。。。


全国のミニやさんを探し回ったり、
スワップミートで探したりしないと、
自分の乗っているミニと同じ型のちょうどいいウッドパネル
に交換するのは難しそうです。


ウッドのシールを買ってきて、
パネルの形に切って貼るのが
一番手っ取り早い&安く済む方法でしょうか。



それと、値段は安くないですが、
今もっているウッドパネルに
塗装をするという手もあります。

”ウッド風”の塗装です。


こんなかんじ
↓↓↓↓↓

620.jpg


このドリンクホルダーも
ウッド風の塗装です。

中身は、木じゃないのです。



センターメーターも人気ですが、
ウッドパネルも人気がありますよね。

ミニに限らず、年月が経つと味が出てくるのも
木のいいところ☆






Category: ミニマルヤマ  

ミニ以外にも



また、頂き物をしてしまいました。


紅白おまんじゅう~♪

RIMG0050_20120229122852.jpg

塩瀬総本店



なんか、、毎度毎度、みなさまに頂いてばかりで、
申し訳ないものです。

感謝の証にブログに掲載☆



ミニマルヤマにお越しの際は、
お気遣いは無用ですよ=3

皆様のほうが、お客様なんですから!!


でも、頂いたらみんなでちゃっかり食べてます~
工場でも食べられるものは、工場のメカニックに
ちゃんと届けてます~







ミニマルヤマは基本的にはミニの
整備・販売ですが、

大枠としては、
輸入車販売&修理
の会社でして、


たまには、こんな車も、車検とったり
整備したりしております~

RIMG0056_20120229122852.jpg


アバルト750GT



RIMG0057_20120229122852.jpg


かわいい~

ミニ以外のクラシックカーの修理等に関しては
お電話でお問い合わせくださいませ。

あとは、お車を実際に見たりして
細かいお話を・・・という感じです。







Category: 中古車情報・新製品etc.  

次は何色かな~




つい最近、ミニマルヤマの前に
スーパーができました。

そんなことが話題になるほどに、
なんにもない八広では、
スーパー1軒だって、ありがたいです=3


スカイツリーで八広のあたりまでにぎわうと
いいんですけど。。。



以前、このブログに書きました、
ナイトウォッチブルーのミニと
ブラックのミニがいなくなりました。




また、ショールームに空きスペースが
できてしまいました・・・(T_T)

もうちょっと
時間はかかりますけど、次のミニもすでに製作中です!


というわけで、工場まで行って、
ちょっと偵察してきました。

RIMG0055.jpg


オールドイングリッシュホワイトに
ブラックのルーフ。


RIMG0054_20120229103108.jpg

こちらはジョンクーパーです。

今、HPの販売車でジョンクーパーがないので、
ジョンクーパーがいいなーという方は、必見でございます。


RIMG0053_20120229103108.jpg

いまのところ内装は黒のようです。


RIMG0051_20120229103108.jpg

しっかり
整備中です~。


オールドイングリッシュホワイトのジョンクーパー
というところ以外は、
細かいインテリアやエクステリアや、もろもろ
取り替えたり、変更したりすることは
ありますので、
また、完成したら、詳しく掲載しますね~☆




Category: ミニ日記  

当たり前田の・・・




今日は、
基本中の基本のメーター



もはや、乗っていれば(乗っていなくとも?)
当たり前すぎて、
こんなことブログで書いている人も
いないくらいのお話です。



誰の為になる情報なのかわかりませんね・・


でも、書いておきます。


RIMG0076.jpg


オーソドックスな、この形で
一般論的に見ていきます。

例外もありますので、ご了承ください~。

RIMG0079.jpg

一番左は、私くらい無知でも一目瞭然のスピードメーター

89年は、140kmがフルスケールでしたが、
最終的には180kmに。


走行距離の表示計は、
オドメーター」というんですね。

0にもどせるトリップメーターはありません。


SRSと書いてあるのは、エアバック警告灯。

エアバックの作動異常を表示。


RIMG0084.jpg


真ん中のメーターは、
左上・・・燃料計

右上・・・水温計

左下・・・バッテリー警告灯

右下・・・オイルプレッシャー警告灯



メーターの上の2つの矢印はウインカー。

年式によってグラフィックと形状に違いがあります。



RIMG007h9.jpg


一番右のメーターは、タコメーター
エンジンの回転数を示すもので、別名レブメーター。



右上の人間マークは、シートベルト警告灯


シートベルトを装着すると消えます。
96年から全車に装備。

ランプの警告って控えめですよね。

最近の車なら、シートベルトをしないと
警告音が鳴り続けますもんね。

でも、そのほうが、効果的だと思います。


最近のミニ雑誌では、
チューニングとか、カスタマイズとか、メンテナンスの情報が主で、
基礎の情報は載っていることがないですね。

やっぱり必要ないから掲載しないのかな=3


このブログでは、永遠に初心者バンザイ~をテーマに更新していきます!







1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 < >