ミニマルヤマの子なのに・・・

墨田区にあるミニSHOP『ミニマルヤマ』の公式ブログです

Sort by 01 2012

Category: イベント  

個性の大集合




おとといの日曜日は、New Year Meeting
行ってきました!



画像 030

場所はお台場の
青海臨時駐車場特設会場

駅でいうと、
ゆりかもめの「船の博物館」駅です。

上の写真の先端の赤い塔みたいなのが、
船の博物館です。


画像 031

すごい広いです。

車もたくさん展示されていました。

約400台ですって。

車で見に来てらっしゃるお客さんの車も
見かけたりするので、ものすごい台数の車が集まっています。

近くのホテルの駐車場などにも、
フェラーリなどが何台も停まっていました。

画像 001

え、ミーティングってなにか話し合うの?
なんて、私くらいに
車に詳しくない方向けに説明いたしますと、
クラシックカーのイベントです。

レースはないです。

ミニもそうですし、ベンツとか、Lotusとか、ハイエースとか
国産のクラシックカーとか、パトカーとか
オートバイも展示されています。

なかには、販売している車両もあります。


画像 055

あと、車に関するグッズやパーツも
販売していますし、
もはや車とは関係なさそうなものも
フリーマーケットで売っています。

画像 054


プロショップもお店を開いています。


画像 050


中古パーツとか、掘り出し物さがしも楽しいかも。

私はお金をもっていかなかったので、なんとか誘惑に勝ちましたが、
ついついなにか買って帰ろうかと思わされてしまう会場の雰囲気です。


画像 035

もちろんミニも展示していましたよ。

画像 032

DATSUNのオーナーズクラブさんも
特設ステージでトークショーをされていました。


画像 009


私が見てもちんぷんかんぷんですが、
マニアのみなさんにとって、
こうして、エンジンを見れるのも、
イベントのいいところですよね。

オーナーが近くにいれば、
細かく話を聞くことだってできますし。


おっ!と思う車を町で見かけても、
「ちょっとエンジン見せてください」とは
言えないですよね。


画像 011

ろくに説明せずに、
ばんばん写真を載せていますが、
趣味が自然と偏っているかもしれないです。

画像 008

ほんとに多種多様な車が
ずらーーっと並んでいました。

画像 012


明日は、イベントで見かけた”かわいい車”特集にします。

もちろん、かっこいい車とか
シブい車もあったんですけど、
全部は写真が撮れなかったので=3

とにかくみんな個性的な車で、
知識などなくたって見ているだけで面白いです
お子さんも家族連れでたくさんいらしてました。


社長は、例のごとくみなさんと、
車の話に花を咲かせていました。



スポンサーサイト
Category: ミニ日記  

300分の1




外見も大事で、中身も大事ですけど、

美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる

という慰めの言葉は、私にはどうも信じられません=3笑



実際は、そんな完璧な人は少ないのですが、

ミニの歴史の中では、

内・外装の豪華仕様車はいくつか販売されてきました。


そのひとつ
ミニ・ピカデリー
って限定車を知ってますか???

1 2415953


ピカデリーは、ロンドン市内の地名からとった名前。
以前も記事に書いたように、メイフェアなどと同じです。


このミニは、当時300台限定販売されたそうで、(日本での台数)
社長も、新車で当時販売して以来、
「当時のオリジナルは、もうずっと見かけないなぁ」
と言っていました。



なにが特徴かというと、
見たまんま

1 2415954


ゴールドの誘惑

正式には、
カシミア・ゴールドという色だそうで、
馬力等は、私の乗っているメイフェアと同じ、普通の1000ccです。

あとは、内装がリッチだったようです。


1 2415956


トリプルカラーのシートには、
ピカデリーのロゴ入り。

メッキ仕上げのバンパーとドアハンドル。
(当時は、メッキ=豪華)


カタログが出てきたので、書いてみました。

今、ピカデリーを手に入れるのは困難ですが、
同じ色に塗るのは可能です♪



Category: 中古車情報・新製品etc.  

深い青のミニ。



今日は、今一番新しい中古車を
ご紹介です。


p0089-photo1.jpg


ローバーミニ・クーパー1.3i

なによりもまず、この色☆


全部ボディを塗りなおしているからなのか、
もともと美しい色なのか
とにかくすごいきれいな色ですよ。


もう全然写真じゃ伝わりません。。


青というより、紺に近いような、
でも、地味すぎず、品がある色だとおもいます。


近年走っているミニ以外の車で、
こういう色は私は見たことがないです。


この色の名前は、
ナイトウォッチブルー
というそうなんですが、
80年代に純正で存在していた由緒正しい色みたいですね。



ちょうど先日記事に載せた、年賀状の写真の
ミニと同じ色です。(同じミニではありませんが)



RIMG0013_20120125144607.jpg


MK1テールランプに
吊り下げバックランプ
オーバーライダー
などなど・・・

私が言わずとも、写真をご覧いただいたほうが早いですね。。


RIMG0002.jpg

グリルです。


RIMG0001.jpg

フロントエンブレム。

本家のHPのほうは、システム上の理由で
写真をあまりたくさん載せられないので、

こちらで、いろいろ細かくご紹介できたら、
と思っております。


車の内容については、お問い合わせください。


「この部分を見たいから、写真とって見せてよ。」
ということでしたら、コメント欄にでも書いていただけますと、
私が撮ってきて掲載します!



RIMG0014_20120125144607.jpg

なんとなく全体的に
クラシックな雰囲気です。

あ、この写真だと、
黒っぽくみえますね。

ほんと実際に肉眼で見ていただきたいなぁ。。


RIMG0015_20120125144607.jpg

室内は、ベージュっぽい色のシートに
派手すぎない赤のフロアマットで
ウッドパネル


大人な雰囲気のミニですねー。


私の祖父が乗っていたミニと同じ色だから、
そういうイメージを思い浮かべてるだけでしょうか。

※ 当然ですが、これは私の勝手な想像です。


もちろん
老若男女問わず、ご試乗いただけます!



価格とかスペックという
詳しい情報は、本家HPをご覧くださいませ
↓↓↓↓↓↓↓


ローバーミニ・クーパー1.3i




Category: ミニマルヤマ  

本音と現実




たぶん、私が以前いたような企業だったら、
間違いなく、こんなことを書くのは意味がないし、
時間の浪費といわれるとは思います。


私自身、カスタマーセンター等から定型文で返答されて、
所詮そういうものだと、熱がさめて、愛想もつきたことがありますが、

私なりの誠意として、このブログの僅かながらの役目として
この機会に、前々からいつか書くべきことだと
感じていましたので、事実を書いておこうと思います。


もし、自分が憤慨しているお客様の立場になって、この文章を読んだら
開き直りや言い訳ともとれることを重々承知の上で、
決して、論争したいわけでもなく、
定型文の謝罪ではなく、現実をお伝えしたいと思います。


この子はなんて、ひまなのかしら~
とでも思いつつ読んでいただけたら、幸いです。


ミニマルヤマについて。


頭数が多く、工場が広ければ、たぶん確実に整備の速度は上がります。
社員の人数、会社の規模・体力から言っても、それは難しく。

手を抜く以外の方法で、今以上に作業を迅速にするには、どうしたらいいのか、
ミニマルヤマの常日頃の課題となっています。

現状でも、お預かりした車が出来上がるまで、
お時間がかかっているのは、まぎれもない事実で。

新しい中古車を仕上げるのも、同理由により、
時間がかかっているのも事実です。

そういう申し訳ない事実をお話しして、ご理解いただいて、
そのうえで、お話を進めていくこと事態は、すべての会社がおこなっていることだと思います。


だからといって、お客様には、待ってもらって当然などと思っている社員はいません。
もちろん、社長も、営業担当も。


文字にすると、こうだけど。


言葉の選び方や、話し方や、ニュアンスや説明が足りないとか原因はなんであれ、
「待ってくれるなら、やってもいいけど」みたいな態度にみえたり、
お客を選んでいる。どんだけ上から目線なんだ。
という心象を抱かれる現実もあります。


私も、娘としても従業員としても、
社長が完璧な人間だなんて思っていないので、
時に、間違っていると感じたり、実際間違えた部分もあると思います。

でも、お客様からしたら、それは、まったく関係ないことで、
常に、最良の対応を求められるし、人間の良しあしに関係なく
それに応える義務があると思います。


ただ、ひとつ言えるのは、

社長や次期社長に関して言いますと、
生まれてから人生すべて車に捧げてきているといってもいいくらい、
もはや異常なくらいに、車に関して
知識も経験も積んできて、仕事に実直なだけなんです。


そういう実績に基づく、技術に自信ある姿勢が、
よく言えば、白黒つけてあやふやな言い回しをしない、
悪く言えば、断定的な上から目線ともおもえる言い方に、
なっているのかと、私は思います。

誰しも、仕事に真剣だとはおもいますけど。

なんていうか、ぶっちゃけますと、
たぶんイチゲンとか常連とか、
相手によって対応を変えるとか、
意識してお客様を選ぶなんていう、思考回路すら頭にないんです。


「時間がかかる」のも、ただ人手がないけど、整備に入念に時間をかけてるだけで、
”時間がかかると言っておいて、お客様をこちらで選んでる”とか、
そんな言葉の裏側なんてないんですよ。


だいたいが車のことしか考えてないんです。


だから、もうちょっと適当にやって、ばんばん車を仕上げるとかもできないし、
うまいことお客様に媚び売って、売り上げを上げるとかもできないし、
整備前の中古車を、ボロボロでもほしいというお客様がいても、
自分たちがちゃんと整備していないものを売ることなんてできないとか、
伝統工芸の職人みたいなところがあるんです。


いや、だからって、うちは悪くないとか言いたいわけじゃないんです。
気分を害されたお客様のほうが悪いなんてことは1つもないと思います。

お店として、せっかく時間をさいて、足を運んでいただいて、
もしくはお電話やメールをいただいたりして、
嫌な気持ちにさせてしまうのは、あってはならないことだし、
本当に申し訳ないことだとおもっています。


私の言動は、もう全面的に私が未熟で悪いわけで大反省しています。

私自身、自分が買い物している時、店員に声をかけられると、
なんだか押しつけがましいし、買って買ってという雰囲気がしてしまって、

駄菓子屋のおばあちゃんみたいな、
自由に見ていただいて、必要があるときいつでも声をかけて頂くのがいいんだ、
という姿勢をとっていましたが、

一方、それは、お客様を無視しているといわれても
仕方ないような対応だと、

昨日分の記事のコメントでいただきましたご意見然り、
私は、いままでとっていたスタンスについて、
考え直すべきだと、気づけてよかったです。


なんか、長くなってしまいまして。。

簡潔になにを言いたいのか、わからない文章になってしまいましたが
最後にひとつ。


そういう会社の現状や体質や、もちろん景気の関係もありますが、
ミニマルヤマだって、今まで長く続いてこれたって、
時代も変われば、会社自体も変わっていく中で、
いいお言葉をいただいたり、厳しいご意見をいただくこともあります、

この先はいつだって、会社をたたむことになる要因も可能性もあるし、
逆に、いままでがあったからこそ、これからも続いていける実績と経験もあって、

”認めて頂いている部分はそのままに”
”変わらなくてはいけない部分は変わる努力”

を、していかなくちゃいけないなと、思っております。

こんなこと
どこの会社でもたぶん当たり前なことですけど・・・



「うちは今までこうなんだから、これでいいんだー」
と思っているわけではないことだけ。

お伝えしたかったです。


なので、ここでいただいたコメントは基本的に、
あまりに暴力的な内容でないかぎり、消すこともないですし、

私でよろしければ、真摯にお言葉を受け止めて、
改善に向けて努力していきたいとは思っております。



Category: 中古車情報・新製品etc.  

クラシックと現代のちがい。




雨が降り始めの時、
どのくらいウインドに水滴がたまってきたら、
1回目のワイパーを動かすか、

私は、いつも降ってきたらすぐに動かすので、
社長によく「早いよ~笑」っていわれます。

あんまり早く動かしても、
余計見づらくなるってことありますよね。



今日はワイパーについて。


TRICOというメーカーのワイパーが
ずっと欠品だったそうなのですが、





1 2415958

違いわかりますか????


一番左は、いいとして、右3つもびみょ~に違います。


一番右:純正 \1400(税別)

右から2番目:よくあるワイパー \2500(税別)

左から2番目:TRICO \3500(税別)

一番左:TEX \2500(税別)


どのへんが、クラシックで、
どのへんがクラシックではないのか、
私には・・正直わからない感性なのですが・・・


1 2415957

こちらは、当時の刻印入りの本物。

ふき取り性能がすぐれていたそうで、
当時人気だったそうですよ。

↑箱つきのものだと、値段がはねあがっています。
もはやコレクターズアイテムってやつですね。




68年ごろまでの、MK1をお持ちの方などは
当時の純正ワイパーがTRICOだったそうなので、最適だそうです!


もちろんMK1でなくても、
見た目がいい(マニア的にはいいらしいです)
ので、オススメとのこと。



気になる方はこちら↓をチェック★

TRICOタイプ 復刻版 メッキワイパーブレード






Category: ミニマルヤマ  

ただいま戻ってまいりました。




かれこれ数か月ブログをお休みいたしておりましたが、
本日からまた再開いたします!


お休みに際し、
ご来店のお客様、メールでご連絡くださったお客様、
twitterのほうでも、お声掛けいただきまして、
思わぬ反響をいただきまして、
ますますがんばって書いていこうと思っております。



1月も半ばですが、
2012年のミニマルヤマ年賀状です。


2012年賀状



今年はジョンクーパーが、
(ご本人のことではなく、ミニマルヤマから生産した車のほう)
生誕25周年ということで、
写真は、濃紺の、87年の1000ccのジョンクーパーです。


その前に置いてあるのは、
当時の木箱です。


p1289-photo1.jpg



25周年なので、ミニマルヤマオリジナル★
ジョンクーパーガレージステッカーも制作しました。


ご購入希望のかたは、画像をクリックくださいませ~。


記念ミニカーも制作中するとかしないとか。。。



ブログをお休みしている間に、
いろいろ新しい商品や車も入ってきておりますので、
ちょこちょこ記事に書いていこうとおもっております。


今年は、入社1年過ぎて余裕も出てきましたので、
工場の状況についても、できる限り
レポートしていきたいと思っています。

ミニマルヤマに、長期にお車をお預けのお客様で
「自分の車の進行状況書いてよ~」
という方は、おっしゃっていただけますと、
私が写真に収めてきますよ~。
(ナンバーは伏せますのでご安心を)



というわけで、
本年もミニマルヤマを
よろしくお願いいたします。




1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >